開運ちゃんねる - 今日から運気をあげよう! -

日焼け止めを塗って美肌で健康運、恋愛運上げちゃおう

日焼け止め
履いて寝るだけ!スッキリ美脚【Sulali Slim(スラリスリム)】

日焼け止めが重要な理由
肌の老化を早める最大の原因といわれる紫外線。毎日行っているスキンケアには「紫外線から肌を守る」という重要な役割もあります。

「紫外線はお肌の敵」

「紫外線はお肌の敵」ということは知っていても、ではきちんとした紫外線ケアができている人はというとまだまだ少ないのが実際です。紫外線は目に見えるものではなく、また影響がすぐに肌には出てこないからということも理由にあるのかもしれません。

日焼け止めは、この紫外線から肌を守ってくれるのです。

紫外線はあらゆる肌トラブルのもと
紫外線が肌に及ぼす悪影響は日焼けだけではありません。下記の通り、2点にまとめてご説明します。
肌の乾燥をまねく夏、空気は乾いていないのに肌のうるおいが足りないと感じたことはありませんか?
「紫外線はお肌の敵」

これは紫外線で知らず知らずのうちに肌が乾燥しているためです。紫外線をほんの20~30分浴びただけでも肌の水分量は減少するというデータがありますが、30分程度というと通勤や散歩、洗濯物干し、ジョギングなど、朝のちょっとした時間と同じくらいですね。もしこのときに日焼け止めを付けていないと、その数十分のあいだにも肌はダメージを受けるということです。

肌の水分量が低下すると角層の細胞が成熟しにくい肌環境となり、バリア機能の低下を引き起こし、ますます乾燥していきます。角層内には乾燥した細胞が増え、キメも乱れていきます。その肌荒れが原因となって紫外線による黒化・炎症が起こりやすくなるという負のスパイラルに陥ってしまいます。
シミ・ソバカスの原因になる

日焼けをすると肌内部でメラニンが生成されますが、ターンオーバーの乱れによってメラニンがうまく排出できなくなると、「メラニンをつくりなさい」という指令が止まらなくなりにメラニンを根付かせ、シミやそばかすの原因になるのです。

ちなみに生理前は黄体ホルモンの分泌が多くなります。この黄体ホルモンは紫外線感受性を高める働きがあるため、この時期は普段よりも日焼けしやすくなります(妊娠中、ピルを服用中も同じ)。そのためいつもより念入りにUVケアを施す必要があるということを覚えておきましょう。

紫外線からお肌を守る

紫外線からお肌を守るために、日焼け止めは欠かせません。
特に敏感肌の方は、紫外線に気を付けると同時に、お肌に塗る日焼け止めの選び方も重要になってきます。
ただ、日焼け止めの種類がかなり豊富なので、どれ選べばいいのか分からず悩んでしまいます。
では、乾燥肌に優しい日焼け止めの選び方のポイントをまとめてみました。参考になればと思います。

敏感肌な方の日焼け止めの選び方は?
日焼け止めのタイプで見てみよう!日焼け止めのタイプと特徴

ジェルタイプ
伸びやすく、水のような軽い肌触りが特徴で、軽い付け心地で白く浮きにくい。日常的に、全身に使いたい、付け心地重視な人向け。

クリームタイプ
しっとりしていて、ウォータープルーフのものが多く、保湿力と防水性が高く、落ちにくい。海やレジャーで全身用に、絶対日焼けしたくない人向け。

ミルクタイプ
伸びが良くて、肌になじみやすく、ノンケミカルなものが多く肌に優しい。顔用に、肌に負担をかけたくない敏感肌の人向け。

パウダータイプ
サラサラした付け心地で、毛穴を目立たなくさせ、メイクの上から塗り直しが出来、肌にも優しい。肌を綺麗に見せたく、こまめに塗り直したい、敏感肌の人向け

とりあえず、日焼け止めのタイプでは、ミルクタイプとパウダータイプが、敏感肌に優しいタイプといえます。

UVAは、雲を通り抜けます

紫外線を浴びるのは屋外だけと思っていませんか? 大気層(オゾン層など)で大半が吸収されるUVBとは異なり、UVAは雲なども通り抜け、窓ガラスを用いても遮断できません。1日室内にいるときは、紫外線の影響は少ないように思うかもしれませんが、窓ガラスをも通り抜けるUVAは室内にも届いています。油断は禁物なのです。

まとめ

敏感肌の方には、紫外線吸収剤やSPFやPAの値は大切で、選び方の基準にはなります。

しかし、肌に刺激を与える成分として、防腐剤やパラベン、アルコール、石油系界面活性剤などが含まれるものがあります。

こういった成分も含まれていないものの方が、肌に合う可能性が高いかもしれません。

さらに、技術の進歩で紫外線吸収剤のものでも、肌に負担が少ないものが出てきているので、店舗にあるサンプル品を試して、自分の肌に合うものを見つけていったほうがいいかもしれません。

お肌に最適な日焼け止めが、見つかるといいですね。

XbLނݖIl