開運ちゃんねる - 今日から運気をあげよう! -

夜の快眠レベルを高くして開運に(^◇^)

履いて寝るだけ!スッキリ美脚【Sulali Slim(スラリスリム)】

「いい眠り」というと

夕方から夜にかけての行いだけがフォーカスされがちですが、私たちは24時間という時間の中で生活のリズムを刻んでいるので、1日を通して快眠につながるための生活デザインをつくる必要があるのです。まず、第一に重要なのが朝の過ごし方。朝のちょっとした行いで1日のやる気やその日の夜の快眠レベルがぐっと高まります。

夜の快眠レベル

起床後真っ先に行いたいのが窓際1m以内での15秒間の日光浴

私たちの脳には睡眠・覚醒のリズムはもちろん、全身の司令塔としての役割を担っている「体内時計」が備わっており、1日平均24時間10分の時間を刻んでいます。目から光が入ることで体内時計がカチッとリセットされて地球の自転に合わさり、体内時計と地球時刻の間にあるズレを解消してくれます。同時に、睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌がストップし、14~16時間後に眠気が訪れるようタイマーの予約がセットされ、さらには日中の意欲的な活動をサポートしてくれるセロトニンの分泌を促進してくれる働きも得られるのです。

睡眠時間

長い人、短い人、季節でも変化、8時間にはこだわらない。
日中の眠気が非常に強い、また平日と比べ週末に3時間以上長く眠らないといられないようなら、睡眠不足。成人の場合、6~7時間が睡眠充足の目安です。

歳をとると必要な睡眠時間は短くなる。

実際に眠っている時間は、成人以降50歳代までは6.5~7.5時間。以降、次第に短くなり、70歳を超えると平均6時間弱です。日中眠気がおそってこなければ不眠ではありません。
夜の快眠レベル

まとめ

昼と夜の光のメリハリをつけることがとても大事です。朝の光を存分に活用し、昼間の元気と夜の快眠の両方を叶えてくださいね。

XbLނݖIl