フォーチュンクッキーの発祥は中国ではなかった!




海外のチャイニーズレストランに行くとお会計時に必ずと言っていいほど供されるのが「フォーチュンクッキー」です。

四つ折りのせんべいの中に占いの紙が入っているもので、もちろんクッキー部分はおいしく食べられるのですが、あくまでも中の占いを見るのが目的のクッキーですね。
中国ではフォーチュンクッキーというタイトルの映画があったりと完全に中国が発祥だと思っていたのですがどうやら中国ではないようです。
フォーチュンクッキーを口にしたときに懐かしい味がしませんでしたか?

フォーチュンクッキーは日本が発祥だった

  5031918cd927d16bc757e59fc8e50dcf_s アメリカで日本庭園を設計していた日本人萩原眞がせんべいを二つ折りにしてその中にメッセージ容姿を入れて来客に供していたとのことでした。
第二次世界大戦後それがアメリカの中華料理店に広がっていき、今ではあたり前の光景になったとのことです。
確かに中国本土ではフォーチュンクッキーという文化ないので中国が発祥というわけではなさそうです。

日本人のおもてなしの心が生んだフォーチュンクッキー

  25e2f07246033d2865eaa9b75049b8af_s 日本人の萩原眞がアメリカでフォーチュンクッキーの原型を来客に供していたという話はしましたが、特許の申請などはしていなかったのでこの萩原眞という人が有名になることはありませんでした。しかしながらそのおもてなしの心、お客さんに喜んでほしいと思う心がこの素晴らしい文化を生み、広がっていった要因だと思います。

いい事ばかり書いているわけではありません。

  987eca87017b5f2fa265f89558d4724a_s フォーチュンクッキーに入っている紙は小さいので、日本のおみくじとは違い大体が1文ぐらいの短い言葉が書いてあるぐらいです。
「明日はいい天気」といったようなポジティブな言葉が書いてあることが多いのですが、時には「愛はお金で買える」とか「あなたの恋人は浮気中」といったことも書いてあるのが面白いですね。
悪いことが書いてあるときの方がかえって印象的だったりします。

食後のちょっとした話題になるのが素敵ですね。

  d5e7bd0ee85fa9bed342d5535265be40_s 様々な文章が書いてあってとても面白いフォーチュンクッキーですが、悪い事やよく意味がわからないシュールな事が書いてあった方が後々の話題としておもしろいですよね。
悪い文章だけどポジティブな要素を必死に探したり、シュールな文章の本当の意味を探りたくなったりと食後の会話を弾ませてくれます。
そういう意味でフォーチュンクッキーってとても面白くて素晴らしい文化ですね。

■関連ツイート■

 

終わりに

  フォーチュンクッキーの中にある紙に書いてある文章は2度と同じものに出会えないぐらい種類が豊富です。あなたの胸を打つ一言に出会えたらとても素敵ですね。

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い