自分の「子供の頃の夢」を見たときに隠された意味とは?

自分の「子供の頃の夢」を見たときに隠された意味とは?


子供のころの夢を見た

子供の頃の思い出…大人になっても、いくつになっても色あせることなく消えない思い出です。そんな自分の子供のころの出来事が夢となって現れたら、何か意味があると思いませんか?

 

子供の頃の夢を見たときの、その夢に隠された意味を紹介します!

 

子供の夢を見た意味

自分が子供だったころの夢を見たとき、基本的にはそれは何かしらの警告だったり、あなたへの何かのメッセージであるといいます。

 

具体的にはどのような警告やメッセージであるのか確認してみましょう。

 

出来なかったこと・やり残したことを気にしている

子供の頃の記憶は楽しかったものばかりではありません。大人になってから振り返ると「あのときあれをやっておけば良かった…」と思うことも少なくは無いでしょう。

 

例えば子供のころに仲の良かった友達に何も伝えられずに転校してしまったり、好きだった子に思いを伝えられなかったり…大人になってからもそのことが記憶に残っており、ずっと気になったままなのかもしれません。

 

子供の頃に戻りたいという願望を抱いている

子供の頃は将来何になるのか、大人になった自分は何をしているのか…期待や希望に満ちていましたね。しかし、誰しもが願ったとおり、思い描いていた通りの大人になれるわけではありません。

 

大人になると思い通りにいかないことや、やりたいことが自由に出来なくなってしまいます。「子供の頃に戻りたい」そう思った経験がある人も少なくはないでしょう。

 

また、親しい人との死別や自分の好きだった場所の変化など、時間がたつにつれて多くの変化が起きます。子供の頃の夢を見てしまうのは、あなたが「子供の頃に戻りたい」と強く願っているからなのかもしれません。

 

今の状況から逃げ出したいという思い

大人になると様々な責任や悩み事がつきものです。仕事の責任はもちろん、金銭面での悩みや家族の悩み…様々なことで悩んでしまいますね。

 

そんな今の自分の状況から逃げ出したいという心理が働き「子供の頃に戻りたい」というあなたの深層心理が夢となって現れたようです。

 

子供の頃の夢を見て、このケースに心当たりがある場合は、早急にリフレッシュする必要があります。

 

子供の頃にあった出来事を示す警告夢

子供の頃の夢を見るのは警告夢である場合もあります。子供の頃にはたくさんの出来事があります。その中には大人になった今も食べられない苦手なものが出来た原因や、トラウマの原因となった出来事もあるでしょう。

 

そんな出来事と向き合いましょう。ということを夢が暗示しているのかもしれません。

 

純粋な自分の表れ

子供は純粋であることの象徴です。大人になると正直だけではいけません、時に嘘をつくことも大切です。しかし、この夢を見たあなたは本当は子供のように純真な心で、嘘をつくことが辛いと感じているようです。

 

そこで心のバランスをとるために、子供の頃の夢を見ているのだといいます。

 

子供の頃の夢と向き合って今の自分を知ろう

子供の夢は、今のあなたの精神状態などを教えてくれます。自分が何を感じているのか、本当の自分はどうなのか…自分でも気付かないものを教えてくれているのです。

 

子供の夢をみたときは、その夢と真っ向から向き合いましょう。それが今の本当のあなたを知ることにつながります。

 

 

 

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い