「病院の夢」を見る意味に隠された意味・暗示とは?




病院の夢

病院はもはや現代ではかかせない存在です。病気や怪我のときの治療、自分の健康を診断…毎日とてもたくさんの利用がしています。

 

しかし、病院と言えば何か怪我や病気のときに行ったり、病気ではなくても健康診断でも不安を覚えたり、苦手な人が多い注射を連想させて良いイメージはもちませんね。

 

そんな病院が夢に出てきた場合、これはいったいどのような意味や暗示をもっているのでしょうか?

 

病院の夢の意味

病院の夢はそのシチュエーションによって様々な意味をもちます。しかし基本的な意味は一時的にでも開放されたいという意味が隠されています。

 

病院は怪我や病気のときに行く場所ですが、言ったからといってもすぐには絶対に治りません。鎮痛剤や治療などで一時的に症状を和らげ、感知に向けて準備を行います。

 

そのため、病院が夢に出てきた場合は一時的に楽になりたいという意味があるようです。

 

病院の夢の暗示

病院のが夢に出てきた場合は、近いうちに身近で病気を目の当たりにするかもしれないという暗示が含まれています。

 

自分、または身近な人物の誰かが病気で病院と深く関わることになるかもしれません。

 

病院で自分が何をしているかで意味は変わる

夢の中で病院が出てきたとき、そこで自分はいったい何をしていましたか?病院の夢で、自分が何をしていたかでも意味は変わります。

 

診察されている夢

夢の中の病院であなたが診察を受けている場合、実はあなたに本当に病気に侵されている可能性があるといいます。

 

自分でも意識にしてこの箇所が気になる…だけど病院に行くほどではないと感じている部分を、夢の中で診察されていた場合は本当に病気が隠れているかもしれません。

 

あなたが深層心理で気になっていることが現れた夢ともいえます。この夢を見た場合は、実際に病院へ行き診察してもらうのが良いでしょう。

 

点滴を受けている夢

夢の中の病院であなたが点滴を受けている場合、自分の「早く動きたい!」という感情の表れだといわれています。

 

早く行動したい!こんなことをしている場合じゃない!という気持ちで、様々なことに対する意欲が高まっています。

 

注射を受ける夢

夢の中の病院であなたが注射を受けている場合、あなたが現在何かしらの対応に迫られているという意味を持ちます。

 

注射は病気などの予防のために行いますが、夢でもそれと同じく何かしらの原因がありその対応をして解決する必要があるという意味が込められているようです。

 

手術を受ける夢

夢の中であなたが病院で手術を受けていた場合、近いうちにあなたに大きな何かが起こるという意味があります。

 

手術は命にかかわることもあったり、お金もかかるなどとても大きな出来事です。今後あなたに本当に手術することになったり、あるいは結婚や出産など人生の中で大きな出来事が起こりそうです。

 

自分から健康診断に行く夢

これまでの夢と違うのは、自主的に病院にいくことです。病気や手術などはどこか悪いところがあり、それを何とかするために病院へと行きます。

 

体調は悪くないのに病院へ健康診断に行く場合は、健康運が下がっている状態なのだといいます。

 

深層心理で何か健康面で不安を抱えていたり、何か健康面で警告が発せられた夢の可能性があります。この夢を見たら健康ドッグなど検査を行ったほうが良いでしょう。

 

病院の夢は良い意味も多い

病院にいくのはどうしてもマイナスなイメージを持ちがちですが、夢占いでは良い意味であることも多いのです。

 

夢と意味を照らし合わせ、不安ならば実際に病院に行くなど行動してみましょう。

 

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い