<パワーストーン・開運>緑色のストーンの効果とは?




緑色のパワーストーンと言えば、宝石ならエメラルド、パワーストーンならアベンチュリンやひすいなど、キレイな石が揃います。もちろんこれらの石はそれぞれ意味もパワーも少しずつ異なってきます。 これらパワーストーンは身に着けることで、石のパワーをさらに強く生かすことができるのです。今回は緑色のパワーストーンの効果についてまとめてみました。

それぞれの石の効果

201304281904004d4エメラルド→心身を健やかに美しく保つ、富や名声をもたらす、直感、行動力、喜び、成功に導く、などの意味があります。
アベンチュリン→洞察力を高める、イライラを鎮め精神を安定させる、ひすいは潜在能力を高める、知恵を引き出す、目標達成へ導く、などの意味があり、どの石も「特別な力があるもの」として、古代より珍重されてきました。
少々効能に違いがあるので、あなたの希望する願望から選んで身に着けると良いでしょう。もちろん、一番大切なのは石との相性なので、直感も大事です。どれも知恵や直感、健康、幸運などを運んでくる石なので、効果云々よりも好みで判断してもよさそうですね。

ブレスレットがおすすめ

70726f647563742f32303136303231315f3965653035302e6a7067003630300000660066パワーストーンをアクセサリーとして身につける場合、つける場所によってパワーの現れ方が違う、ということをご存知ですか?腕はパワーが出入りする場所、と言われます。右からパワーが入り、左から出るため、石の力をより強く取り入れたい場合は右腕につけ、石のパワーを効果として発揮したい場合には左手につける事で、取り入れたパワーを出すことができます。
ひすいのブレスレットを右腕につけて、「知恵を引き出す」パワーをフル稼動して試験勉強をし、学力アップを図る。試験の本番では左腕につけて「知恵を引き出す」パワーと「目標達成へ導く」力を発揮して試験合格。このように、能力を身に着けたいときは右に着け、力を発揮したいときには左腕につけるという具合につける腕を変えると良いでしょう。

ネックレス・ピアスは?

91723236_o1ネックレスにしてつけると、首や心臓に近いため、コミュニケーションや精神的な部分へ影響する、といわれています。エメラルドのネックレスをつけて「心身を健やかに美しく保つ」ことができたら、美と健康に役立ちそうです。
ピアスやイヤリングなど、耳につけるアクセサリーは、「情報が入ってくる」「入った情報から必要なものを選択する」という意味があります。 また、頭、特に脳に一番近いため、「直感」「判断力」に影響するといわれています。

関連ツイート

まとめ

いかがでしたか?石を買ったから大丈夫、ではなく、きちんと願って行動するようにしましょう。石と意思が通じれば強い力を発揮してくれます。 また、身に着ける場所によって効果の現れ方が異なるので、ご自分にぴったりのつけ方をして、隠された長所をより良く伸ばすようにしましょう。

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い