★厄年★何事もなく過ごしたい!★運気アップ★




自分がいざ、厄年の当たり年になったら!どのように過ごしたらいいのか?何をしたらいいのか「厄」は出来るだけ何とか回避したいですよね。紛らわしいルールや、やってはいけないことはたくさんあるようなのでまとめてみました。

怖いイメージ?

20160112102151厄年にはどんなイメージがありますか?もう厄年を過ぎた方は、どんな一年でしたか?厄年はまったく気にしない人もいれば、必ず護摩を焚いたりしてお祓いをしてもらうという人もいますよね。厄払いに関する紛らわしいルールや、やってはいけないことなどが沢山あるそうです。そして地域によって微妙な差があったりもします。

厄年には何に気を付ければいいのか

title_img_05厄年は、出来るだけ日々を穏やかに大人しく過ごすのが大事だとされています。結婚や出産、家を建てる、引越し、転職などは注意が必要です。この機会に、自分の生活を見つめなおすのも良いですね。厄年にはそのような意味もあるように感じます。
厄年ということを意識しておけば、少し節制して気を付けることが出来、また自分の行動に注意をすることが可能になります。体調には十分に気を付けながら、人生の節目の年として仕事面で色々なことに挑戦するという逆転の発想をもっても良いかもしれません。

厄年の女性に贈るもの

2014-01-02-3厄年の人に贈りものをするという風習がある地域などもあります。長いもの(長生きすることを願って)、七色のもの、ウロコ模様のもの、が良いとされています。マフラーとかネックレスとか、スカーフ、パールのついたもの、七色のブレスレット・リングなどですね。ウロコ柄というと蛇柄くらいしか思いつきません。特に決まった正しい贈り方のようなものはないようなので、自分で購入するのも良いかもしれません。

関連ツイート

まとめ

悪いことばかり考えていると、実際にそれを経験してしまうことがあるように感じます。自分や家族の幸せのためにも、自分が望むことを考えるようにしてください。こういう時に「引き寄せの法則」は役立つと思います。
そして逆転の発想として、例として「事故にはあいたくない」ではなくて「いつも安全で守られている」と考えられると良いですね!

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い