癒やし

【癒し】人生に疲れた時にやってみる元気が出るおまじない


社会では仕事や人間関係など、つらい事はたくさんあります。
自分が善否定されているような精神的にきつくなってしまう事も日々ありますよね。
辛いことがあったら飲み会や趣味でストレス発散をしたりすることも良いでしょう。
でもそれだけでなくに自分でその辛さから開放できるようにいくつか簡単なおまじないをやってみましょう。
おまじないならお金もかからず気を晴らすことができるかもしれません。
今回は心がて疲れた時に効き目があるおまじないを紹介します。
この中で自分に合うもの、簡単にできそうなものを試してみてください。

自分ががんばったことに対して自分をほめましょう。

  260008a78e03317d49bf3796ea7d5632_s 自分が頑張ったこと、どんな小さなことでもよいのです。
たとえば電車で勇気を出して席を譲ったとか、嫌な人に対しても笑顔で挨拶できた、と言った事で構いません。
自分が少しでも頑張ったことに対して自分に「よくやった」と褒めてあげましょう。
ほかの人から見たら普通の事に見えるかもしれません、でもこの頑張りは自分にしかわからないのでそれに対してねぎらってあげましょう。

良い事を引き寄せる法則をご存知ですか

  cd4e5c67f60ab9e780cbe1bb3f2bb1a1_s 「アファメーション」という言葉があります。これは自分で良い事を意識したり口にしたりすることで現実に近づけるということなのです。
辛かった出来事はもう終わったと過去形にして念じたり口に出したりしましょう。
たとえば人間関係がうまくいかなかいときは「この関係は修復された」と過去形で念じたり声に出したりし続けましょう。
また、自分の状態に対しては「私はやさしい」、「私はかわいい」など現在系で唱えましょう。

多くの事により心を込めるようにする

  bef502d97bca77abb1cfae9fb32104d5_s 毎日仕事と家庭と同じサイクルでの生活をしていると、多くの事に心が込められなくなってきます。
食事もただお腹を満たすために食べているといったように、心ここにあらずと言ったようになってませんか?
それがコンビニのおにぎりでもその美味しさや、仕事から一瞬でも離れられる喜びなどをしっかりと感じながら食べると自分の心のありかたが変わってきますよ。

一日の終わりに良かったことを頭に浮かべましょう。

  7f1c9bc715f39ecafbfc95f73a447da1_s 一日の終わり、眠りにつく直前はその日におこった良い事を頭に浮かべて眠るようにしましょう。
嫌な事の方が頭の中に残りやすいのはわかります、ですが最後は「これだけ嫌なことがあったが、ここは良かった」というようによかったことで 終わるようにしましょう。
「電車の乗り換えがスムーズだった」とか「おつりなくぴったり支払いができた」などどんな小さなことでもいいのです。

■関連ツイート■

 

終わりに

  嫌なことは簡単になくなってはくれません。いつも頭のなかをぐるぐる回ってしまいますよね。でもこれらのこと、どれか一つでも行えば、悪い事が頭の中を回っている時間が少なくなりますよ。
あなたへのオススメ記事