癒やし

優しく人を包み込んでくれる水色のパワーストーン


目に優しい穏やかな色合いの水色のパワーストーン。見た目だけでなく、それを身につけていると心身が癒され落ち着きます。持ち主を優しい気持ちにしてくれるエンジェライトやカリブ海のドミニカ共和国でしかとれないラリマー、どこか懐かしい気持ちにさせてくれる色合いのブルーオパール。どのパワーストーンも見ているだけで心が和みます。

優しい色合いの見た目通りに安らぎを与えてくれるエンジェライト

エンジェライト
優しい水色が印象的なエンジェライト(英語表記:Angelite)。名前は、天使に由来していて、ペルーが主な原産地です。エンジェライトは、印象通りの優しい力を持っていて、身につけている人が寛大な愛情に包まれ、周囲の愛情に気づくように働きかけ、周囲に対して優しくなれるように導いてくれる石です。そのため、この石を身につけると、周囲の人々ととても良い関係を築くことができます。
また、周囲に対して優しくなれるだけでなく、寛大になり、過ちを許す心を持つことができるようになります。これは周囲に対しても自分に対しても働くため、自他共に許しを与えることができ、結果的に自分も周囲も救われ、心が穏やかになることができると言われています。

カリブ海原産の周囲を平和に導く愛の石・ラリマー

ラリマー
水色の美しい輝きを持つラリマー(英語表記:Larimar)は、ペクトライトの中でもドミニカ共和国で産出する空青色のもののみを指します。実は、ペクトライト自体は、水色以外にも、ホワイト・グレー・ピンク・イエローなど様々な色があります。また、北米では無色透明のものが産出しています。しかし、ラリマーと言われる水色の石は、ドミニカ共和国でしか産出しません。このため、その希少性と美しさ故に、世界中で人気があります。
ラリマーの鉱物学的な正式な名前は、「ブルー・ペクトライト」と言い、和名は曹灰針石です。
ラリマーは、愛と平和のシンボルとして広く知られていて、実際、高ぶる感情や負の感情を鎮め、落ち着かせてくれる働きがあると言われています。その結果、持ち主は心身のバランスが整い、ストレスも和らぎ、結果的に落ち着いた前向きな気持ちになることができます。また、状況が新しくなったり変わっていくことに対して非常に耐性が高いため、持ち主は転職・転居といった生活環境の変化にも落ち着いて対応できます。思考能力を高めるだけでなく、知的好奇心が高まるため、若者が持てば、大人の余裕を持つことができ、年配の人が持つと、若々しくなることができると言われています。

冷静な判断力と直観力を高めてくれるブルーオパール

ブルーオパール
綺麗なブルーやエメラルドグリーンの色味が鮮やかなブルーオパール(英語表記:Blue Opal)は、水晶と同じ、珪素を主成分としていますが、とても柔らかい石です。クリアなものから半透明のものまで、石によって、透明度・色味ともに様々な顔を持っています。ブルーオパールは、オーストラリアが主な原産地となります。
ブルーオパールは、他の色のオパールと同様、とても幸運を引き寄せる力が強いパワーストーンです。また、持ち主の感情を落ち着かせ、感性をとぎすませ、創造的な力を引き出してくれる力が強いのが特徴です。アーティスティックな方面を目指す人、クリエイティブな仕事をしている人が持つと、良いインスピレーションを得られることでしょう。

まとめ

いかがでしたか?優しい色合いのとおりに持ち主に安らぎを与えてくれるエンジェライト、人々を平和に導き、愛情を与えるラリマー、創造性を高めてくれるブルーオパール。どのパワーストーンも見た目だけでなくパワーストーンとして十分なエネルギーを持っているので、気に入ったものがあったら、身につけてみるとよいでしょう。

あなたへのオススメ記事