金運

金運がアップする財布の条件とは?!


普段何気なく使ってる財布ですが、金運アップの風水などを参考にして、こだわっている人はとことんこだわっています。
しかし、どういう財布が金運をUPさせるのか?良く分かりませんよね。そこで、金運をアップさせる財布の条件を調べました!

購入する時のポイント

sm2-459「春に購入する」→春」というのは「張る」となり、「張る財布」というのはお金がいっぱい入っている財布をイメージすることから金運が上がる財布だと風水では考えられています。「必ず新品を買うこと」→中古のお財布を購入するのは、金運を考えた場合、オススメできません。以前の持ち主の悪い気をたくさん吸っているかもしれませんので、必ず新品を購入しましょう。
「長財布を選ぶ」→お札を折ることはお金の「腰を折る」ことになりますから、二つ折り財布はお金にとって居心地がよくないそうです。なので、長財布を選びましょう。「お勧めカラーは、黒・茶色・黄土色」→黒は「維持する」という意味があります。お金を呼び込むというよりは、出て行かない効果があるようです。茶色は大地に根を張る、黄土色は茶色と黄色によって作られる色です。お金を呼び込み、溜め込む効果があるといわれています。
「寿命は3年」→3年すると財布が持っている金運がなくなってしまうと言われています。実際のところ、財布も消耗品ですから、3年も使っていれば古びてきますし、ちょうど時期的にも買い替えましょう。

財布の使い方

E3818AE69CADE38080E5A381E7B499E38080102020x20677-thumbnail2「縁起の良い人・もしくは成功した人からもらったお金(紙幣)を1枚入れる」→お金持ちの人や、成功した人からもらったお金(紙幣)を大事に使わずに種銭として忍ばせておくと、お金の貯まると言われています。お守り替わりに持ちましょう。
「財布へ収納する時、お札を種類ごとに向きをそろえ、肖像画(表)を上に」→ちなみに上から、一万円札、千円札、五千円札の順なら尚◎。千円札だけ色味が違うため、一万円札と五千円札の仕切りになって各お札の枚数が見えやすいためおすすめです。
「必ず肖像画の頭からお財布に入るように入れる」→下向きに入れるお金が出て行かないといわれています。表面の頭を下にして入れるようにしましょう。

その他

20160322-665「保管場所に気を配る」→バッグの中に入れっぱなしにしておくと、「動く」という気が生じて金運が消耗してしまいます。キッチンのような火の気の強いところも×、金運を燃やしてしまうのだとか。
お金は暗いところで増えるという性質がありますので、クローゼットや引き出しで保管しましょう。「レシートや領収書、ポイントカードなどは毎日整理し不要なものは捨てる」→ごちゃごちゃといらない物が多いと良い気が流れないのは、家の中も財布の中も同じです。特にレシートと領収書は、入れておくと、そこに書かれた金額分が逃げていくと言われています、要注意!
さらに、使用期限のすぎたクーポン券は必ず処分すること。いつまでも入れておくとタイミングやチャンスを逃しやすくなり、金運低下に繋がります。

関連ツイート

まとめ

いかがしょうか?財布の中も綺麗にしておくことが重要なんですね。
女性は特にレシートや領収書、クーポンは財布の中にいれたままにしがちじゃないでしょうか?…私もです。これから気を付けていこうと思いました。

あなたへのオススメ記事
関連記事