運気

対人運、仕事運、恋愛運全てに効果がある「メラビアンの法則」とは


メラビアンの法則とは、アメリカの心理学者であるメラビアン氏が考えたもので人間同士の会話で相手にはどのような印象で伝わるかを数値化したものです。
メラビアンの法則によれば人が話をしている時の相手からの印象は55%が身振り手振り、口調や表情が38%、そして残りのたった7%が話の内容だというこです。
どれだけ話をしても相手は自分の動きや口調、表情の方が後々の印象として残ってしまうので、話している最中の動きや感情はとても大事だと言う事になってきます。
今回はこのメラビアンの法則を参考に話すときはどのように話すと相手に好印象を与えられるかを紐解いて行きたいと思います。
相手に好印象を与えられれば恋愛や仕事のプレゼンで役に立つはずです。

感情と表情、身振りを連動させよう。

  e276b6fd59dacef3eb94df9d54857f58_s 嬉しい事や楽しいことを話しているときにはしっかりと嬉しい表情をしましょう。
とても嬉しいことがあれば飛び跳ねたりしますよね、そのような動きも合わせてすることで相手に初めて本当に嬉しかったり楽しかったということが印象として残るのです。
あまのじゃくで嬉しくてもその表情を表に出さない人がいますが、感情が伝わらず相手にとっては印象に残りにくい会話になってしまいます。

メラビアンの法則を実践するための練習

  9d06d89715aec684f45ad2bff1a708b3_s メラビアンの法則を使って相手に好印象を持たせるために、感情と表情をしっかり一致させることが大事という説明をしましたが、やはりポーカーフェイスの人などはいきなりうまくはできないと思います。
まずは朝の「おはよう」という挨拶を前の日よりも明るいトーンで行ってみましょう。
朝に眠かったり疲れていたりするかもしれませんが、人との挨拶だけは明るくするように努めると会話のときにも心から明るくなることができますよ。

仕事のプレゼンに自分の感情を入れてみましょう。

  7ca81096a5d6890fca0629997f12f049_s 仕事のプレゼンや発表など、人前で話をしなければいけないときただ書類を読んでいるだけだとメラビアンの法則に当てはめたら7%しか印象に残っていないということになってしまいます。
プレゼンや発表などはかならず自分の心からの想いを伝えるようにしましょう。
身振り手振りを使って、一番伝えたいことは目を見開いて、と言ったように本当の感情を伝えることを意識しましょう。

好きな人と話すときに「メラビアンの法則」を忘れずに

  b5499c01c8ce1822d504bfb4317d8bd8_s 好きな人と話すときは緊張してしまいがちです。
そのため相手に嫌われないためにどんな内容の話をするかに集中してしまい、表情まで気が回らなくなってしまうことがあります。
好きな人と話すときほどこの「メラビアンの法則」を思い出して、話の内容はあまり意識せず、その時に応じた表情や身振りができるように意識するとより相手への印象が良くなるはずです。

■関連ツイート■

終わりに

  どんな素敵な言葉でも無表情で言うのと表情や身振り手振りがあるのとでは相手に与える印象がまったく違ってきますよね。
あなたへのオススメ記事