☆七夕で恋愛運アップ☆【おまじない】




明日の7月7日と言えば、織姫と彦星が一年に一度会えるという、ロマンチックな日。「七夕」ですよね。この日ばかりは、そんな素敵な物語を想い出し、それほど星空に関心のない人でも、ふと夜空を見上げてしまうのではないでしょうか?
七夕にまつわる恋愛運アップ方法をまとめみました。

笹を用意し、短冊に願いをこめる

2a7e0d7ab7a66d729af8feee0c809374みなさんもきっと、小さい頃、短冊に願いを込めて、笹の葉につるした記憶があるのではないでしょうか。その頃のことを思い出して、今年はぜひとも短冊に願いを書いて笹の葉につるし、星に恋愛運を高めてもらうよう、お願いしてみませんか?
まず、小さくてもいいので、笹を準備します。(ネットなどで簡単に入手できます)どうして笹を使うのかというと、実は笹は生命力の強い植物と言うことで、古くから「神聖なもの」として大切に扱われてきた歴史があるからと言われています。笹と笹が擦れ合うときのあの神秘的な音は、神様を呼ぶとも言われているのです、何だか素敵なエピソードですよね。

クリーム色、薄紫色の短冊を用意

img_0好きな人もしくは、恋人がいる人は、クリーム色の短冊に、好きな人と自分の名前をフルネームで書きましょう。そしてもう1枚、薄い紫色の短冊を用意し、そこに「○○さん(相手のフルネーム)と幸せになります」などというふうに、好きな願い事を書きます。書いた日付と、自分の住所、名前、生年月日も書きましょう。この2枚を、笹の先端につるし、七夕の日に夜空に掲げ、恋愛運が高まるようお願いしてください。

フリーの人はピンク色の短冊を

z_0048_mainまだ特定の方がいない人は、桜色のようなかわいいピンク色の短冊に、書いた日付と、自分の住所、名前、生年月日を書き、「わたしは必ず、今年中に恋人になる人と出会います」などと記入し、笹の先端につるしてください。そして七夕の日に夜空に掲げ、運命の出会いが訪れるようにちゃんと祈願してくださいね。雨の確率が多いと言われる七夕ですが、実際に星が見えなくても、大丈夫です。たとえ曇っていたとしても、あなたの願いが邪魔されることはありませんのでご安心を。

関連ツイート

まとめ

いかがでしたか?おまじないだからといってバカにせず、織姫と彦星が出会う1年に1度のこのロマンティックな日に、あなたの大切な願いを届けてみませんか?あなたの願いが、天の星に届きますように……☆

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い