運気

【開運】一日8時間睡眠は間違い!?あなたの運気をアップさせる睡眠方法とは


睡眠は一生で換算すると人間の人生の約16年分を占めるほど大切な時間で、睡眠時間が短かったり質が悪かったりすれば身体も運気も悪くなる一方です。
睡眠をないがしろにしたり忙しいからと言って睡眠時間を削ったりしているといつか身体も心もぼろぼろになってしまいますよ。
今回は「睡眠と運気」に焦点を当て、どのような睡眠をすれば運気がアップするのかについて解説したいと思います。
もちろん運気がアップできる睡眠は健康にも良いので、今寝不足だという人や最近運気が悪いと感じている人は参考にしてみて下さい。
睡眠を変えれば体質も運気も大幅に改善することができますよ。

一日8時間睡眠は間違い!?

0a11264cada05ddfc5e1ac8a015056aa_s 一日どのくらい眠るのかという質問で一番回答が多いのが「8時間」なのですが、実は最も適した睡眠時間は8時間ではないのです。
アメリカの研究で様々な人の睡眠時間を調べたところ、健康で寿命が長い人の睡眠時間の平均は6.5時間~7.4時間という結果が出たのです。
平均すると7時間になり、8時間だと少し眠りすぎだという調査結果になりました。
実際に今毎日8時間以上眠っている人は少し睡眠時間を削ると良いかもしれませんね。

睡眠環境を整えることも重要です。

  77f69ace787cf4f2ae74ed9a92f2758e_s いくら睡眠時間が適正でも深く良い睡眠が得られないと体力も運気もちゃんと回復してくれませんので、睡眠時の環境づくりはとても大切です。
睡眠に最も適している気温は冬場は18度前後で毛布を使い、夏場は薄手の布団で27度前後が最も良いと言われています。
湿度は50%程度が最も適しているので夏場はエアコンのドライ機能を使ったり、冬場は加湿器などを使うと良いでしょう。
また自然の空気清浄機の役割を果たす観葉植物もあると良いですね。

自分は夜型か昼型かも考えましょう。

  56c52e3e7da723a76f01d1718b3e656c_s 夜しっかりと眠ることが重要だとよく言われますが、夜の仕事の方もいますし夜型の人もいます。
生活のリズムは仕事や環境で人それぞれなのに夜眠ることがベストだと言われても無理ですよね。
昼に眠るか夜に眠るかは「自分の運気が低迷しているとき」で決めると良いと言われています。
ただ自分の運気が低迷している時間帯がはっきりと分かる人はいないかと思いますので、体調も含め自分の調子が最も落ち込む時間だと把握しておけば大丈夫です。
昼間の仕事なのにどうしても日中に体調が落ちてしまう人などは休憩時に昼寝をすると良いでしょう。

朝ぎりぎりまで眠るのは注意が必要です。

  493b0030d52ed929fdcba7d1d30764b0_s 最近は「朝活」という言葉が流行し、朝時間に余裕を作って起床して自分の好きなことをするのが流行っています。
この朝活という文化は理にかなっており、人間は起床後すぐに太陽などの明るい光を浴びるとその日一日の身体の動きが良くなると言われています。
また朝実際に出勤する前などに一度外に出て日光を浴びると体内時計がリセットされ自律神経がより安定すると言われています。

■関連ツイート■

 

終わりに

  睡眠時間や睡眠環境は我々人間にとってとても重要なことであると同時に、良い運気も睡眠中に取り込んでいるので質の高い眠りを続ければ開運効果が期待できますよ。

気になることは、本物の占い師に電話で気軽に相談できる「リエル」はいかがでしょうか。

【電話占いリエル】口コミで当たると評判の電話占いサイト!3,000円分無料キャンペーン実施中!


あなたにオススメの記事
関連記事