モヤモヤしている時に見る?『争いの夢』に隠された意味!

モヤモヤしている時に見る?『争いの夢』に隠された意味!


争う夢

夢で「争う」イメージというのは、心の葛藤や人間関係の不調・トラブルを象徴します。

 

また、親しい人との距離が生まれたり意見や立場が衝突する前触れになることも。誰と争う夢だったのかも大切なメッセージになります。様々な争いのケースを夢占い的にみていきましょう。

 

争う夢の意味

1.権力に対する現実との葛藤

年長者、上司と争う夢 支配や権力を嫌いながらも、力のある人たちからサポートを得たいという欲求があります。

 

自分の弱さを認めたくない、あるいは、権力を利用しようとする卑怯さのようなものを抑圧しているとき年上の人や職場の上司と言い争う夢をみたりするようです。

 

2.人間関係への不安

同世代や友人と争う夢 仲間や友人との関係性に不安があるようです。裏切りや、仲間はずれになることを恐れているのかもしれません。

 

また、大切な友達を失いたくない気持ちが強い時に友人と「争う」夢を見ることもあります。親友との付き合い方や。距離感を見直す時期にきているのかもしれません。

 

3.危機感への不安

目下の人、年下の年代と争う夢 自分の立場やポジションが危ういと感じているようです。年下や部下から集めていた尊敬を失ったり、若者からバカにされるのではという不安が強くなっている可能性も。

 

また、自信のなさが言動に現われやすい時でもあります。

 

4.孤独を感じている

恋人や配偶者と争う夢 孤独を感じています。交際(結婚)しているパートナーがいるにもかかわらず、本当の意味では心が通じていないのかもしれません。

 

また、ちょっとしたことで相手を疑ったりと疑心悪鬼になりやすい時でもあります。思い込みや早とちり、誤解などが原因で二人の関係性が悪化する可能性があります。軽はずみな行動、失言には十分な注意をはらいましょう。

 

5.見栄を張っている

家族や親族と争う夢 家族に対して素直になれないようです。本当は、助けて欲しい、自分のことをわかって欲しいと思いながらも裏腹の態度に出てしまう。

 

わざと強気な発言をしたり、両親からのサポート申し出を断ったりして孤立無援になる可能性も。夢のメッセージは、もっと正直に思いを伝えるようにといっています。

 

まとめ

誰かと「争う」夢というのは、内面の葛藤を反映しているケースが多いものです。自分のなかにある疑い、不安、恐れといったネガティブな感情が争う夢になって現れやすいということです。

 

争う相手との現実的な関係、いまの状態を夢が再現していることもあるので思い出せる場面からヒントを得ることもできるでしょう。

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い