飾るだけで恋人が出来る!?恋愛運アップに驚く程効果的な花!




皆さんの身近にある植物といえば花ですよね。女性の場合は趣味で花を飾っている方も多いのではないでしょうか。

たくさんの種類があるお花ですが、それぞれ種類や色ごとに運気アップの効果があるってご存知でしたか?

風水上、運気アップのアイテムとして良しとされている花の中でも、恋愛運アップに効果がある花について紹介します。

牡丹

牡丹

運気を大きくアップさせてくれる花として知られているのが牡丹です。様々な種類がある色の中でも、特に濃いピンクの牡丹は恋愛運・結婚運を大幅にアップさせてくれる効果があるそうです。

一般的に、4月~5月にかけて開花が見られます。春牡丹として見かける方がほとんどだと思いますが、鉢植えや台木苗としても販売されています。

もし牡丹を自分で育てる場合には、春に花付の鉢植えが行われ、秋に苗木が売られるということなので参考にしてみてください。

マーガレット

マーガレット

マーガレットは花びらが長く、風の性質を持っているために「出会いを運んでくる花」とも言われています。

この花は比較的育てやすく、一年中楽しめるのでおすすめです。

ベランダにマーガレットを置くことで外からの出会いを呼び込みやすくなるので、新たな出会いを探している女性は是非試してみてください。

チューリップ

チューリップ

大きくて可憐なイメージのチューリップは、女性のしての魅力を最大限に引き出してくれる花です。マーガレット同様、新しい出会いや異性へのアピールに効果があります。

チューリップを自分で育てる場合には苗から育てるのが良いそうです。

これから春に向けて、チューリップを育ててみてはいかがでしょうか?

要注意!恋愛運ダウンの花

バラ

華やかですが部屋に飾ると運気が下がると言われているのがなんと薔薇。

トゲを持っていることが風水的に良くないそう。

ピンクや赤の綺麗な薔薇は恋愛を連想させ、運気が上がると勘違いしている人が多いそうですが、逆に縁遠くなってしまうので注意しましょう。

そして、なんとなく飾っている人も多いかもしれませんが、ドライフラワーを飾るのは絶対にNG。

ドライフラワーは気が枯れているとされ、マイナスになるため風水的にはよくありません。

花を飾る際には、活気を連想させる「生花」を飾るように心がけましょう。

ちなみに、生花が枯れてきたときはお花を取り替えることも忘れずに。放置しておくと気の巡りが悪くなるだけではなく、部屋全体の印象も下げてしまいます。

関連ツイート

まとめ

花に関する恋愛運アップ、いかがでしたか?

素敵な花の香りに包まれて、恋愛運だけではなく女子力も上がるかも?

花を飾ると部屋が明るくなったり、気分転換にもなるので是非試してみてください。

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い