健康運

人間は心臓のある左側を無意識に守るものなのです。


人間の一番大事な内臓である心臓は普通胸の少し左側にあるので、無意識に自分の身体の左側を守りたいという気持ちが働くのです。

左側が守られていると安心し、生命力も高まっていくのです。このような例は普段の生活に無意識に表れています。
普段当たり前だと思っていた社会の仕組みが実は人間の心臓を守るようにできていたという例がいくつかあるのでそこを紐解いていきたいと思います。

今まで全く意識したことのないことが意外と心臓を守るためだったということがたくさんあります。

陸上のトラックは左回りですよね

f8b7d19d249b0afdf22bc5a1e479da0f_s 陸上やスピードスケート競技のトラックって左回りですよね。
今さら右回りを見せられたら違和感だらけです。
なぜ左回りが基本なのか諸説ありますが、説の1つとして「人間は心臓を守るため身体の左側が内側にあると安心する」というものがあります。陸上やすけートなどのスプリント協議が心臓を守るために左回りになったという確証あありませんが、良い記録を出すために一番大事な臓器「心臓」を守るようにできていると言えば納得がいきます。

お店の同線も左まわりでできている

  c796626e1c3eb97a924feef218684164_s スーパーやコンビニと言った毎日の生活で欠かせないお店も導線が左回りにできているのです、一番見せたい部分を入口近くに持ってきてその次の優先順位から左回りにお客様が回るように作られているのです。

やはり人間は無意識に心臓を守るため左側を内側にして回る方が安心するンのでしょうか?これは右利き・左利き関係なく左回りをしてしまう事が基本のようですね。

大事な人の左側に立ちますか?右側ですか?

  11af216769076212536f416b30f2a426_s 恋人や、配偶者。友達や家族といった大切な人と一緒に歩くとき、自分は左側か右側かどちらかに立たないと落ち着かないということはありませんか?
それも無意識に自分の心臓を守っていたり、大切な人の心臓を守っていたりするわけです。
あなたは大切な人のどちら側に立って歩きますか?私は相手の心臓を守るように左側に立つ傾向があるようです。

心臓という臓器は無意識に守るようにできている

  7ae4595f59e00b697258e1176c0d3364_s 人間の臓器の要は心臓です。人間が無意識に歩いている方向は心臓を守る目的もあったと考えると自分の心臓部分を意識してしまいますよね。
お店の導線もスポーツのトラックも無意識に心臓を内側にしたいという気持ちからきていると思うとより一層自分の心臓が愛おしくなりますよね。
この自分の心臓や大事な人の心臓を思いやる気持ちがとても大事なのです。

■関連ツイート■

 

終わりに

  心臓、心臓と言いすぎるとちょっと思い話だと思われがちですが、心臓を含めて自分の胸の内ってドキドキしたりいろんな感情を
あなたへのオススメ記事