全体運

世界中で幸運の使いとされる動物「象」のパワーで運気アップ


象と言えばあらゆる国で幸運の使いとして有名ですね。特にインドで象は神様として扱われるぐらいです。
仏教の始まりの国インドでは象をモチーフにした守り神「ガネーシャ」が人々のあらゆる悩みを取り払ってくれると信じられており、インドでは最も人気のある神様として、沖縄のシーサーのように家中にガネーシャの像や絵が飾られています。
地上に住む哺乳類で最大と言われる象のやさしさや神々しさ、そして象の持つパワーについて語りたいと思います。

インドのガネーシャ、一度は見たことがありますよね

  1958597e0f74f6dbcdc1e7222d328852_s 象の顔をもってはいますが、身体は人間の形をしていて、何本も腕がある神様がガネーシャです。
この銅像や絵はどこかで見覚えがあるかと思います。
ガネーシャはインドでは金運や恋愛運、健康運と言ったすべての運勢に効果があると言われています。
ガネーシャは破壊の髪に首を切り落とされてしまったのですが、その首の代わりに象の頭をつけたという伝説がある神様なのです。
エピソードは少し怖いですが、今ではインドだけでなく世界中で愛される神様です。

ガネーシャの牙は片方折れている

  0d341d24193b6f30338aa645e94bf0d8_s ガネーシャのどの絵や銅像を見ても向かって左側の牙が折れているのを知っていましたか?
これはガネーシャが外出中に目の前を蛇が横切ったため驚いて転倒してしまったためという面白いエピソードがあるのです。
神様とあろう方が蛇に驚いて牙を片方折ってしまうなんて茶目っ気がありますね。
そんな身近に感じられる神様だからこそ世界中で愛されているのかもしれませんね。

インドの神様、ガネーシャの持つパワーとは

  d1994945ad2798e020a482de1e4aff78_s ガネーシャの銅像や絵画は、お守りとして人間の醜い煩悩や悩みを破壊してくれるという言い伝えがあります、そしてあらゆることに対して障害を破壊し、幸福へと導いてくれる全能の神として有名です。
そのため健康運から恋愛運、金運と言った様々な運気アップに効果があります。
小さな銅像などを飾ってみて、日本にも古来から伝わっていたと言われるガネーシャのパワーの恩恵を受けてみてはどうでしょうか。

世界中で愛され続ける象

  fb88831ab4642e0251b9d62bfff60542_s 象は地上に生息する哺乳類では世界最大の分類に入る大型動物です。
しかしその温厚な性格や、東南アジアやアフリカでの人間との共存を目の当たりにして悪い印象を持つ人はいません。
実際に象は成功や安定の象徴として世界中で愛されています。
特に仏教とのつながりは大きく、全能の神ガネーシャには象の顔を着けられ愛されています。
インドやタイなどでは生活に欠かすことのできない象なので、ありがたみを強く感じているのではないでしょうか。

■関連ツイート■

 

終わりに

  今では日本でも、ガネーシャの絵や置物はとても人気です。ちょっと気持ちが疲れた時や失敗が続いたとき、ガネーシャの力を借りてみるのもいいかもしれませんね。
あなたへのオススメ記事
関連記事