開運・縁起物の「お清めの塩」って効果があるの?




盛り塩ってはたしてどんな効果があるのだろうと気になったこと、ありませんか?よく店の前でみます。相撲でも対戦する前に清めてますよね。やっぱり縁起を担ぐためなのでしょうか?それとも他に何か目的があるんでしょうか?「お清めの塩」について、まとめてみました。

塩で清める

0449bb2fその効果は、その人やその家、土地などに溜まった邪気・邪念を浄化することとされています。盛り塩は邪気を寄せ付けない働きにより、入り口の塩によって、その家・お店などへの邪気の進入を拒むのだそうです。
塩は、もともと神社でお清め、お祓い、お供えなどの神事に用いられてきました。相撲で力士が土俵に塩を撒くのも清めの意味があります。この習慣から、一般の家ではその土地の厄や邪気を祓い、気を浄化するために盛り塩を玄関などの入り口に置く、という考えもあります。精製された塩ではなく、天然の海水の成分に近い粗塩を使うと良いという方もいます。

多種多様

1106209_1裁判でも塩撒きの刑みたいなものがあって、悪い奴は、塩を体に1年撒かれ、心が浄化してから社会に出る。たぶん塩自信にそのような効果は微塵もないとは思うが、そう信じることで犯罪が減るのならばそれに越したことはない、と語る人もいます。塩を使う場面はとても多く、裁判でも使用されてるんですね。古事記でも、イザナギが黄泉の国で妻のイザナミの腐敗した姿を見て逃げ帰り、海水で穢れを祓ったということが記されているようで、 塩が身を清めるというイメージは古い時代からあることだと分かります。

塩の使い方とは?

img_0週1回~位の頻度でこまめに「塩」を取り替えなくては逆効果。湿気で固まってしまう場所は環境が良くない証拠。部屋が汚れた状態で盛り塩をすると、家の悪い運気がそのまま留まってしまい悪い結果になってしまいますので、要注意です。交換後の塩は使い回しせずに確実に処分しましょう。ずっと盛り続けるのはよくないので交換しましょう。店先の入口に盛り塩を施しているところを見かけますが、邪気除けというよりは客寄せになっている店も多いです。 続けて行う必要がある場合は、月に2回、1日と15日と決めて行います。(あくまで目安)

関連ツイート

まとめ

いかがでしたか?盛り塩にはそれなりに効果があるようです。自宅でやってみるのも良いかもしれません。
しかし、見た目のインパクトがある上、盛れば盛るほど運気が上がるわけではありません。何事もほどほどにするのが一番。やり過ぎにはご注意ください!

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い