甘酒は日本が誇るパワーフード。神聖な甘酒をもう一度見直そう




お正月の参堂では暖かい甘酒が振舞われたりして、初詣で冷えた身体を癒してくれますよね。
そんなお正月やひな祭りなど日本の伝統行事には欠かせない甘酒ですが、普段甘酒を好んで飲むという事って少ないですよね。
甘酒が結構苦手だと言う人もいて普段は敬遠されがちですが、甘酒の持つ神聖なパワーや栄養素はあなどってはいけません。
健康的にも運気的にも良いとされているまさに日本が世界に誇れるパワーフードのひとつと言えます。
今では甘酒もアレンジされたりしてとても飲みやすくなっています。
日本に古来から伝わるお米のパワーが濃縮されている甘酒を今一度見直していきましょう。

お正月に甘酒が振舞われるようになったのは

  f98332fab4130f9ee7375386fd4b46ad_s 初詣と甘酒は切手も切れない関係ですね。
参堂で売られたり配られたりする甘酒は参拝者の冷えた身体を暖めてくれます。
甘酒は基本、日本酒を作る工程で出た酒粕をお湯に溶かして好みで砂糖などを加えた飲み物になります。
その酒蔵から酒粕が出回る季節が冬であり、甘酒を作るのに適している季節なのです。
お正月はおとそで日本酒を配るのが定説ですが、原料も同じで身体を温める効果がある甘酒が初詣の屋外で配られるようになったようです。

甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養が豊富なのです。

  08a5ed1e4ba862cc084c6a2ad2dc1d94_s お米を発酵させて作られた酒粕の栄養価はとても高く、人間の疲労回復に必須であるアミノ酸や、美肌効果があるビタミンB群やブドウ糖等が豊富に含まれています。
ブドウ糖の含有量は食材の中でもかなり高いほうなので疲労回復効果が強く「飲む点滴」と言われています。
甘酒は酒粕から作るものと米麹から作るものの2種類があり、米麹から作られる甘酒のほうが栄養価が高いといわれています。

甘酒には新しい年の豊作や無事を祈る意味もあります

  e6886e2e0381af5a9a2336f4eebffa62_s 昔の人はお正月に甘酒を飲み、新しい年の無事や豊作を祈ってきました。
古来から日本人はお米を神聖なものとして祈祷の際にささげたり飲んだりしてきました。
日本酒ももちろんその役割があるのですがアルコール分が高いため受け付けられない人もいるかと思います。
甘酒はアルコール分は1%未満で、日本で言う酒類に該当しないほど低いので安心して飲むことがせできます。

お正月以外も甘酒を楽しんでみませんか?

  8c883f511ef33758adf923afd62e2090_s 甘酒って苦手な人も多いですよね。でもこれだけ健康に良く美肌効果もあって厄払いができる飲み物ならばお正月以外でもぜひ飲み続けたいですよね。
今では米こうじもスーパーなどで簡単に帰るようになりましたし、甘酒じたいもパック入りや袋入りで売られていますよね。
このまま飲むのでは飽きがきてしまいますので、フルーツと一緒にミキサーにかければ飲みやすく、自然の甘みがプラスされておいしいですよ。
フルーツではなくても低糖のジャムを混ぜてもおいしくなりますのでぜひ試してみてください。
冷たくてもおいしいので一年中飲むことができます。

■関連ツイート■

 

終わりに

  ビタミンB群とブドウ糖が豊富なので疲労回復と美肌にはもってこいの食材です。お正月だけでなく定期的に飲みたいですね。

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い