寝室をちょっと変えればよく眠れます。健康運が上がる寝室の作り方とは




一日の終わりと始まりにいる部屋なので、寝室は人の運気を大きく左右する重要な場所の一つです。
睡眠は人の健康にとってはとても重要で、寝室に良い運気を呼び込むと健康運は大きく上昇します。
今回は運気があがる寝室の作り方をお教えしますので、夜寝つきが悪い人や朝目覚めが悪い人などは試してみてください。
実は運気を下げていたやってしまいがちな事などもありますので、自分の寝室と当てはめてみるといいでしょう。
寝室から運気を良くして毎日を健康に楽しく過ごせるようにしたいですね。

北枕は疲れが取れるのでお勧めです。

f186c5d4393629504b874fcbfc8de43d_s 日本では北枕は縁起が悪いから避けるようにと言われてきましたが、これは日本だけの迷信で風水的には睡眠に良い方角なのです。
地球の波動の流れに沿って北側を枕にして眠ることが、一日の疲れが抜けやすくなりリフレッシュできます。
今まで北枕は縁起が悪いからと無理やり他の方角に向いて眠っていた人は、一度思い切って北枕にしてみると健康運が良くなりますよ。

畳の部屋では布団がおすすめです。

  f8f7e87577446c1f4270fb6bec0c01a1_s 最近では畳の部屋でも別途を置いて眠っている人も多いですが、せっかくの畳の部屋なのでできれば布団などで眠ることをお勧めします。
畳に使われているい草には大地のパワーが宿っているので眠るときはできれば畳に近い方がそのパワーをより吸収することができます。
また脚つきのベッドを畳に置いてへこませてしまうとい草のパワーが弱まってしまいますので、もし布団が苦手なら脚のないマット系のベッドをお勧めします。

風水では寝るときの頭の位置が重要と言われています

  933eba1114b5e392e1b6d87493c3e13c_s 北枕は気の流れを良くすることは前述しましたが、風水では眠るときの頭の位置はとても重要だと言われています。
特に重要なのが頭と寝室のドアの向きで、頭が寝室のドアの方向に向いて眠ると悪い運気を呼び込んでしまいます。
風水的に頭がドアに向いていることはとても縁起が悪いとされており、ドアの延長線に頭が来ることも運気を下げると言われています。
ドアと眠るときの頭の位置関係には注意しましょう。

なるべく低いベッドをおすすめします

  a0c4fa465dbb2fbc8069956597c3478d_s 風水ではエネルギーは地中から湧き出してくると言われており、寝室のベッドも低い方が良い運を吸収しやすいと言われています。
かと言ってフローリングの床に布団で眠ってしまうのはほこりを吸い込んでしまうのでお勧めしませんが、なるべく低いマットレスだけのベッドも良いと言われています。
もしベッドを購入する際は金属のベッドよりも木などの自然素材で作られたベッドの方が良いようですよ。

■関連ツイート■

 

終わりに

  睡眠は健康の源です、運気を良くしてしっかり眠って健やかに過ごしたいですね。もし寝室に運気を悪くしているものがあったらすぐに直しましょう。

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い