運気

【開運】頑張ってきた人ほどなりやすい、日々の生活でふと感じてしまう「虚しさ」を和らげてくれる方法とは。


家族や恋人がいたり私生活も仕事も充実しており、特に不自由なく幸せに暮らしているはずなのにふとしたときに「このままでいいのだろうか」とか「なぜか寂しい」といったようにふと「虚しさ」を感じてしまう事はありませんか?
このようなふとした時にでてくる虚無感はお金持ちや貧しい人、仕事をしている人やそうでない人など環境を問わず皆経験することだと言われています。
なぜこのような虚しさをみな感じてしまうのでしょうか?
と聞かれても、おそらく明確な答えは無いでしょう。
このような人の感情の急な変化は解明されていないことが多く、完全な原因や対処法などは存在しないのです。
そのためこの虚無感を完全に払拭することはできませんが、ふと感じてしまう虚しさと上手に付き合い和らげる方法は存在しますので今回はその方法について解説したいと思います。

目標が大きくなりすぎると虚無感が出ます

fb133f3428f4f8053e4e116bacbdcab3_s 生活になんら不自由のない人がこの先の人生の目標を考えた時、ふと虚しさを感じることがあると言われています。
社会人になりたての頃は「結婚をしたい」とか「昇進をしたい」といった具体的な近い目標がありそれに突き進むということが明確なのですが、家庭も持って会社でもそれなりの地位になってくると目標が「人生を幸せに全うすること」といったような漠然とした目標になってきます。
漠然とした目標を持つことは特に悪い事ではないのですが、具体性の無さが虚無感を人に与えてしまうようです。
漠然とした夢が出た時は、それをかなえるために生命保険に入るとか何か具体的な目標を作って枝分かれさせていくと良いと言われています。

燃え尽き症候群という言葉をご存知ですか

  932c366eb713a858eb236ee789ec484e_s 普段は仕事に私生活にバイタリティ溢れる、やる気が強い人が急におちいると言われている「燃え尽き症候群」という言葉をご存知でしょうか。
ふと虚しさを感じるのが辛いと思っている人は、大なり小なり燃え尽き症候群である可能性が高いのです。
常に頑張ってきた人は「頑張る事」イコール「良い事」という気持ちが強すぎるため、頑張ることのできる具体的な目標が無くなってしまうと大きな虚無感に襲われ精神的に落ち込んでしまうのです。
どんな小さなことでも具体的な目標を持ち続けると言うことは大切なのです。

幅広いものに目を向けると虚無感に襲われにくい

  4f4e00e77b4386dcc5ed0d83c11e2573_s 仕事に私生活に頑張って来た人ほどおちいりやすい急な虚無感ですが、このように頑張ってきた人は目標が達成され安定したときに感じやすくなるので、今まで頑張ってきた分趣味や自分の好きな事を幅広くやってみることをオススメします。
趣味などで「うまくなりたい」や「もっと趣味に関するものが欲しい」といった目標は、仕事や私生活の目標に比べれば地裁物かもしれません。
ですが目標があり続けることで虚無感を感じにくくさせてくれますので、今まで仕事に家庭にと頑張ってきた人は自分へのご褒美で自分だけが好きな何かを初めて見ることをおすすめします。

一生懸命が常に正しいとは限りません。

  eb2f47c1615abfec26e42a592d18a391_s 仕事にプライベートに一生懸命になりすぎて燃え尽き症候群になってしまう人は、趣味でも友達付き合いでもなんでも一生懸命になってしまい精神披露が蓄積されやすくなってしまいます。
何かをしていないと気が済まなくなりじっとしていることを嫌ってしまう傾向がありますので、一度自然が豊かな場所に行って、ただ川のせせらぎや海の波をぼーっと眺めているだけのような時間を作ると良いですよ。

■他関連ツイート■

 

終わりに

  仕事のためや家族のために一生懸命走ってきた人のほとんんどが経験すると言われる「燃え尽き症候群」ですが、時には立ち止まって自分の心を休める時間が必要ですね。

気になることは、本物の占い師に電話で気軽に相談できる「ラフィネ」はいかがでしょうか。

【電話占い・霊感占いラフィネ】厳しい採用基準をクリアした本物の占い師が多数在籍!初回最大10分無料キャンペーン実施中!


あなたにオススメの記事
関連記事