【開運・健康運】ストレスや眠気を取り、やる気を出してくれる開運物質「セロトニン」を増やしましょう。




特に病気でもなく睡眠時間も普通なのになぜか眠気が強かったりやる気が出ない日ってよくありますよね。
このような原因が分からず調子が悪い日は仕事や家庭のちょっとしたことでイライラしてしまい、より悪い方向に行ってしまいがちです。
だいたいこのようなケースの場合は「疲れが溜まっている」、「ストレスが蓄積されている」といった理由で片付けてしまいがちですが、もしかしたら腸や脳内で分泌される「セロトニン」とう物質が不足しているかもしれません。
この「セロトニン」は別名「幸せを感じる物質」と呼ばれており、このセロトニンを増やすことで日々のイライラや不調を軽減できるのです。
今回はこのセロトニンについて解説しますので、毎日の生活に少し疲れてきたと思っている人は参考にしてみて下さい。

幸せを感じる物質「セロトニン」とは

2ef84350ca719a9e8b739ad9f453f040_s 「セロトニン」といきなり言われてもなじみが無いかもしれませんが、この物質は脳内の神経伝達物質の一種でこの物質が安定して分泌されていると満足感や心地よさを感じ取ることができると言われています
逆にセロトニンが不安定だとイライラやストレスを感じやすくなるのです。
このセロトニンのほとんどは体内の腸に存在しているのですが、全体の約2パーセントと言う少ない量のセロトニンが脳内に存在し、これらのストレスコントロールをしているのです。
脳内のセロトニンが少なすぎるとストレスを感じてしまうのはもちろんですが、多すぎても気持ちのバランスが崩れてしまいますのでこの物質はバランスよく存在していると良いと言われています。

食生活でセロトニンを増やす

  53a055909cbc5ec0ab1dc565e7c2cecc_s 毎日外食やジャンクフードばかりを食べているとストレスが溜まりやすかったりヒステリーを起こしやすくなってしまう原因の一つに、「脳内のセロトニンが不安定になる」というものがあります。
ちゃんと健康的な食生活を送れば脳内のセロトニンは安定しますので、バランスの良い食生活を心がけましょう。
セロトニンを安定させるためにはセロトニンを構成する「トリプトファン」という物質を多く含んだ豆腐や納豆などの大豆製品、乳製品、にんにくと言った食材を摂ると良いでしょう。
「トリプトファン」は体内で生成することが出来ず食材から取り入れるしかないので、毎日バランスの良い食生活を心がけるようにしたいですね。

早寝早起きを心がけること

  d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s 毎日夜更かしなどをせずにしっかりと早寝早起きをすると言う事も脳内のセロトニンを安定させるためにはとても重要なことなのです。
十分な睡眠をとることができると脳内に睡眠ホルモンであるメラトニンが眠っている間に作られます。
このメラトニンが日中に幸せ物質であるセロトニンを作る助けをしてくれるのです。
睡眠時間ももちろん大切ですが、深い睡眠ができるかどうかといった環境づくりもとても重要になります。

セロトニンは日中作られる

e3068d10f9628de496cb9d42631d38ea_s 幸せ物質であるセロトニンは日が昇ってから日中に活発になり、夜になると分泌が収まっていくと言われています。
そのため日中はなるべ太陽の光に当たるようにして体内時計を常に正常にしておくとセロトニンの分泌状態が良くなります。
また日の光を浴びながらウォーキングやサイクリング、といった軽い運動も脳内を活性化させセロトニンの分泌を助けてくれると言われています。

■他関連ツイート■

 

終わりに

  別名「しあわせを感じる物質」と呼ばれるセロトニン、生活環境が悪くなるとバランスがくずれこのセロトニンが減ってしまいますので注意しましょう。

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い