【金運】あなたはお金に嫌われていませんか?お金に嫌われ金運をダウンしてしまうNG行為とは




お金は誰でも切実に欲しいと願うものですから、お金に嫌われてしまうような事はしたくありませんよね。
お金に嫌われるという事は金運を大きく低下させてしまい、どんどん出費ばかりかさんで貯蓄ができなくなってしまうということにもつながるのです。
自分たちはもちろんお金が大好きなのですが、間違った扱い方をしたらお金に嫌われて金運を下げられてしまうかもしれません。
お金の立場で「この人のところにいたら嫌だな」と思うようなNG行為をしていたらお金は逃げていくばかりですし、新しいお金を呼び込もうと言う気になるわけがありません。
今回はそんなお金に嫌われて金運を下げてしまう人にならないために、お金に嫌われるNG行為をいくつか挙げてみたいと思いますので参考にしてみてください。

お金を踏んでいませんか?

615d7e0aa6bcae709c87e4b37c995cbc_s 一万円が床に落ちていた場合、分っていながら足で一万円札を踏んでしまうようなことは絶対にしませんよね。
ですが、お尻のポケットに常にお財布を入れている人は椅子にそのまま座るとお尻でお金を踏みつけていることになるのです。
このお金を踏みつけるという行為は着物の時代だった昔の日本では考えられない行為になり、お金から嫌われてしまいます。
移動している時などは良いのですが、なるべくお財布はお尻のポケットに入れないようにしたいですね。

お札はなるべく折り曲げられたくないのです

4653fe6f15ff661e970f2707f7514ed3_s よく長財布の方が折り曲げる財布よりも金運がアップするという話を聞きますが、その理由の一つに「お札はなるべく折り曲げられたくない」というものがあります。
ATMでお金を降ろしたとき、まっさらな折り目の無いいわゆる「ピン札」が出てくると嬉しくなりますよね。
お札もやはりなるべく折り曲げられたくないので、二つ折りの財布よりは長財布の方がお金にとっても居心地が良いのです。

「お金」を否定する発言もNGです。

  0f504435b040b5ee2ccc5f12138bc6ed_s 昔は「お金がすべてではない」という考えがよく聞かれましたが、正しい事を言っているようですが金運に関しては実はよくない事なのです。
「お金がすべてではない」「お金なんていらない」というお金の存在を否定する発言は金運を下げてしまうと言われており、最近では「引き寄せの法則」という言葉も流行し、自分が発言したり想像したりするとそちらに導かれてしまうとも言われています。
お金の話になったら素直に「お金は必要!」「お金がの事が好き!」と言った方が金運アップにつながりますよ。

お金を招こうと言う努力をしないこと

  dd898e1897a9334c4163c981a98b08fa_s 金運はお金のある所に集まってくると言われています。金額がたくさんあるところではなく、お金という存在が多いところに集まる傾向があるので、一円玉の大量に入った貯金箱でも金運アップの効果が期待できるのです。
小銭が集まって「ジャラジャラ」と音が鳴っている状況もお金は安心しますので、クレジットカードなどに頼りすぎでお財布の中に全く小銭やお札が入っていない状態よりは、常にお札や小銭がまんべんなく入っているお財布の方が金運アップにつながりますよ。

■他関連ツイート■

 

終わりに

  お金に嫌われてしまうという事はある意味他人に嫌わてしまうより恐ろしい事かもしれません。お金とは常に仲の良い存在であり続けたいですね。

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い