【夢占い】何度も同じ夢を見るその意味は?

【夢占い】何度も同じ夢を見るその意味は?


何度も同じ夢を見る

私たちは毎日色んな夢を見ます。時にはみないこともありますが、覚えていないだけで多くの人が毎日のように夢を見ています。その夢も様々なバリエーションがあり、数え切れないほど夢にはたくさんのパターンがあります。

 

しかし、それだけ無限に近いほど膨大なシチュエーションがある夢で、何度も同じ夢を見ることがあります。何度も同じ夢を見る…これにはいったいどのような意味があるのでしょうか?

 

同じ夢を見る意味は?

何度も同じ夢を見てしまうのにもその意味・理由があるとされています。そして、何度も同じ夢を見てしまうというのはやはり自分の深層心理が反映されているようです。

 

何度も同じ夢を見てしまうとなんだか怖くなったりもしちゃいますね。同じ夢を見てしまうその原因として多いものがありますので、自分が当てはまっていないか確認してみましょう!

 

自分の強い思い

人間は、寝ているときに強く考えたことを寝ている間に頭の中で整理しているといわれています。なので、勉強をしてから寝るとその勉強の夢を見ることが多く、ドラマや映画を見てから寝るとそのドラマや映画のことを夢に見やすくなります。

 

このように、自分が寝るときに強く考えていたことが夢として反映されます。つまり、何度も同じ夢を見るというのは自分が強く考えていることということになります。

 

好きな人のことを深く考えすぎて、何度もその人のことを夢に見る…などが最もよくあるパターンです。

 

それだけではなく、勉強や仕事が忙しくて常にそのことを考えてしまっているときも、夢にまでそれが現れるのです。

 

ストレスを抱えて夢に

現在ストレスをかかえている場合、その悩み事から毎日同じ夢を見てしまうことがあります。

 

人間関係や仕事…現代社会では様々な場で悩み事はつきものです。強いストレスをそのままにしておくと、その悩み事が夢にまで現れてしまいます。

 

解決するのは難しいことですが、悩みごとを放置したままだと同じ夢を何度も見てしまうことになりそうです。何故ストレスを感じているのか、どうすれば改善されるのか、自分を見つめなおすことが大切です。

 

トラウマが原因でも同じ夢を見る

自分の中でのトラウマが原因でも同じ夢を何度も見てしまうことがあります。誰しも一度はトラウマとなる経験をしたことがあると思います。

 

恋愛関係、人間関係、事故、天災…様々なことに対してトラウマになるほど自分の脳裏に深く刻みこまれた出来事がある場合、それを何年立っても忘れることが出来ずに夢として何度も繰り返し現れることがあります。

 

さらに、トラウマは子供の頃に起こった出来事ですと大人になってより鮮明にかつ繰り返し思い起こされる傾向にあるようです。幼少期にトラウマで強く残った出来事が何度も夢に現れることがあるので、このケースはカウンセリングなどの治療が必要です。

 

自分の迷いが夢で現れたもの

子供の頃は自分の将来、大人になってからも結婚やマイホームの購入や転職…悩みは一生つきものです。

 

強く悩んでいることがある場合、それが夢として表れ、さらにその夢を何度も何度も繰り返し見てしまうことがあるようです。

 

特に、最も人生で悩む10代後半から20代前半によく見られ、何度も同じ夢を見てしまうケースが多々見られるようです。

 

強い願いが夢で現れたもの

例え迷いはなくて自分の夢に向かって一直線に進んでいる場合でも、それを何度も夢に見ることもあります。

 

例えば、幼少期からプロスポーツ選手になりたくて、学校選びさえスポーツを基準にして選び、将来はプロになってその道へ進みたい!と強く願っている場合、自分がプロになっている夢を何度も見ることがあります。

 

また、「本当になれるのか?」という不安から実際になった夢を見ることもあります。こちらは諦めの意思が反映されており、好きな人がいるけれど実際には手がとどかない、だからせめて夢で…と強い願望が何度も同じ夢になって現れたものです。

 

何度も同じ夢を見てしまう人の特徴とは?

何度も繰り返し同じ夢を見てしまう、そんな人たちには共通したポイントがいくつか存在します。

 

同じ夢を見てしまう人たちの特徴はいったいどんなものがあるのでしょうか?確認してみましょう!

 

感受性が鋭い人

感受性が高い人は、特に同じ夢を何度も見てしまう傾向があるといわれています。人の幸福や不幸を、まるで自分の幸福や不幸のように喜び、悲しむことが出来る人たち。

 

とても素敵なことですが、その感情の浮き沈みは体に大きなストレスを抱えています。自分でも自覚しないうちに体に大きな負担をかけてしまい、それが同じ夢を見る形で現れることがあるといいます。

 

自分の気持ちに気付きにくい人

自分のことになると鈍感な人は同じ夢をみやすいといいます。その理由は、自分の肉体的・精神的な疲れに気付きにくいためだそうです。

 

自分でも無自覚のうちに強く疲弊しており、心がSOSを発信して同じ夢を何度も見ることがあるといいます。

 

色んな夢の意味

何度も同じ夢を見てしまうのは、自分の願望であったり、不安であったり、トラウマであったり…様々で、それが夢となって現れたものです。

 

では、具体的に夢の内容やその時期によってはどんな意味を持つのでしょうか?そして、その深層心理とは?

 

小さい頃から同じ夢を見る

幼少期から同じ夢を何度も見てしまうといううのは、先ほど紹介したようにトラウマが原因であることが多いようです。

 

たとえ大人になったとしても繰り返し見てしまう人は、よほど強いトラウマを抱えており、何度も夢で見ることで思い出し、心のストレスを発散しようとするあなたの体からのメッセージかも。

 

どうしても同じ夢を繰り返し見てしまう人は、やはり心理カウンセラーの協力を仰ぐのが一番です。

 

楽しくて幸せな夢を何度も見る

幸せな夢を見るのはとても良いことのように思えますが、自分の強い願望が現れたものです。

 

好きな人と付き合う夢、自分の結婚相手との幸せな夢…今の対比や叶わないと悟った願望を夢に見ていることが多く、その幸せや決して帰ってこなかったり、叶わないことが多いようです。

 

怖い夢を何度も見る

何度も怖い夢、しかもそれが同じ夢だったとしたら眠ること自体とても怖いですよね。ひどい場合ですと不眠症などにも陥ってしまいます。

 

怖い夢を何度も見るというのは、夢占いではあなたの身に危険が迫っているという合図。それを体が夢という形でSOS信号を送っているといわれています。もちろん何もないことも多いですが、この夢を繰り返し見たら、自分を見つめなおしたり健康診断などに行く機会にするのも良いでしょう。

 

あまりにひどく何度も見て、眠ることも出来なくなった場合は医療機関へ相談をおすすめします。

 

同じ夢を見たら自分の心と向き合おう!

同じ夢を繰り返し見るというのは、あなたの心からの深層心理を反映したメッセージかもしれません。

 

自分の無自覚のままストレスがたまっていたり、意識はしていないけど不安にやトラウマに感じていることを体はSOSを発信するかのように教えてくれています。

 

もしも同じ夢を何度も見てしまう場合は、その夢の内容をしっかりと思い出し、今の自分の現状と向き合ってみるのが一番良いかもしれません。

 

そして、同じ夢を見てしまうのは自分ひとりだけでは解決が難しいことも事実です。周りの友人や家族、必要に応じて心理カウンセラーにも相談し、しっかりと自分を見つめなおす機会にしましょう。

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い