【夢占い】「喧嘩をする夢」を見る意味・心理とは?

【夢占い】喧嘩をする夢を見る意味・心理とは?


喧嘩をする夢の意味

喧嘩をする、気持ちが良いものではありませんがつい衝突してしまい、したくないと思いつつもしてしまうものですよね。

 

そんな喧嘩の夢を見たとき、そんな夢にはいったいどのような意味があるのでしょうか?まずは喧嘩の夢の基本的な意味を確認してみましょう!

 

正夢になる

正夢は有名ですね、夢で見たことが実際に起こることです。正夢になる夢とそうでない夢の違いは、自分が望んでいることが夢になる場合は正夢にはならないということです。

 

例えば、自分が好きな人と交際する夢を見ても、それは正夢にはならないことがほとんどです。しかし喧嘩をすることを望んでいる人はあまりいませんね。望んでいないことを夢に見た場合、それは正夢となりやすいとのこと。

 

喧嘩をする夢は、正夢となることが多いのだといいます。

 

逆夢になる

逆夢とは、夢で見たことが実際には起こらないことです。喧嘩するほど仲が良いとはいいますが、現代ではとても仲の良い2人が大きな喧嘩をすることはあまりありませんね。

 

しかし、だからこそ『嫌われたらどうしよう』と自身で無意識のうちに不安に感じ、その不安が喧嘩をする夢となって現れるのだとか。この場合は逆夢なので、実際には喧嘩は起こらないようです。

 

予知夢になる

予知夢は、正夢の一種です。正夢は夢が現実になることに対し、この予知夢というのは『このままだと夢の通りになる』という警告の意味があります。

 

もしも誰かと喧嘩をする夢を見た場合、その人との間に隠し事やトラブルがあった場合、そのうち本当に喧嘩をする可能性が高いです。そうなる前に正直に話し合いの場を設けることが大切です。

 

誰と喧嘩をしたのかで意味も変わる

夢の中で喧嘩をした場合、その夢でいったい誰と喧嘩をしたのかによって、夢の意味も変わるのだといいます。

 

喧嘩をした人物別に、その夢の意味を確認してみましょう!

 

ちちお

 

喧嘩をする夢の意味は決まっていない

夢というのは内容によって細かくは変わりますが、おおよその意味は同じです。しかし、喧嘩の夢は同じ喧嘩をする夢でも誰と喧嘩をするのか、どんな喧嘩をするのか…などによって様々な意味を持ちます。

 

不安な気持ちで夢をみたり、現在の関係から喧嘩が起こることを暗示させていたり様々です。喧嘩の夢をみたら、夢の内容と意味を照らし合わせ、夢の中で自分と喧嘩をしていた相手との関係を修復するのが吉です。

 

 

 

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い