「花火の夢」を見たときの意味・暗示とは?

「花火の夢」を見たときの意味・暗示とは?


花火の夢を見た

夏の風物詩である花火。大きな花火大会や家庭で出来る花火まで様々ありますが、多くの人の思い出に残っていることでしょう。

 

そんな花火が夢の中に出てきたなら、これはいったいどのような意味を持つのでしょうか?花火の夢の意味や暗示について紹介します!

 

花火の夢の意味

花火はとても綺麗で、だけど一瞬で消えてしまう儚いものですね。花火の夢は、何かを行うタイミングをあなたに知らせてくれています

 

金運や勝負運も上がっており、恋愛や仕事・お金をかけた何かなど…何か勝負事を行うにはとても良いタイミングであるといいます。

 

花火の夢を見たからと言って、ずっと運気があがっているわけではありません。花火の夢を見てから2日ほどが運気アップの期間だといわれています。

 

花火の夢のシチュエーションごとの意味

花火の夢を見たといっても、全てが同じ意味というわけではありません。中には良く無い意味を持った夢もあります。

 

花火の夢を見たとき、その夢の内容別に持つ意味を確認してみましょう!

 

日中の花火の夢

前述で紹介したとおり、花火の夢は勝負のタイミングを教えてくれます。中でも、明るい日中の花火の夢は特に勝負運が高まっていることを意味します。

 

金運・勝負運が絶好調な状態。宝くじを買ったり、何か金運が関係することに挑戦すると良い結果になる可能性が高いでしょう。

 

花火大会に行く夢

あなたが夢の中でこれから花火大会へ向かっている夢の場合、これから勝負運が高まる合図。

 

もし今受験や資格のための勉強を行っている場合、近いうちにその努力が結果として実を結ぶことを暗示しています。

 

花火大会で爆発する夢

花火大会は、火薬を使う以上そこには爆発などの危険があります。花火大会の会場で爆発…は何年か一度目にするニュースですね。

 

現実で起こればとても大変なことですが、夢の場合この爆発と言うのはあなたの運気が爆発するように上がるという意味。大きな幸運が舞い降りるかもしれません。

 

夜空に花火が上がる夢

やはり花火といえば夏の夜空に花火が上がることです。真っ暗の夜空に輝く美しい花火はなんとも幻想的ですよね。

 

この夢も日中に見たときと同じく、勝負運や金運アップが期待できます。しかし、周囲に自分の悪いうわさが流れてしまうかもしれない..というマイナスの意味も持っています。

 

この夢を見たときは、勝負運や金運が上がっていることは認識しつつ、悪い噂が立ちやすいことを認識して、周囲への対応を気をつけることが大切です。

 

花火から火事になる夢

花火は火薬を使います。それが飛び火して火事に発展してしまうことも…これは大惨事で大変なことですね。

 

現実ならとても大変なことですが、夢の場合はとても良い意味を持ちます。今後、あなたの運勢が大きく上がっていき良い未来が待っていることを暗示しており、大きな吉夢となります!

 

火事の夢は勝負のタイミング!

火事の夢は、基本的に良い意味であることがほとんどです。暗い夜空の花火の夢の場合はマイナスの意味も持ちますが、その場合も含めて花火の夢=勝負のタイミングといえます。

 

ずっとやってみたかったことがあったり、宝くじを買おうか悩んでいたり…それらを実践するのには最適なタイミングといえるでしょう!

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い