食べる夢を見たときの意味・暗示とは?




食べる夢

食べるのは人間の三大欲求の一つで、人間が生きていくために必要なことです。そんな何かを食べる夢をみたとき、これにはいったいどのような意味を持つのでしょうか?

 

食べる夢の基本的な意味から細かなシチュエーション別の意味を確認してみましょう!

 

欲求の高まり

食べることで人間は食欲を満たすことが出来ます。食欲がなければ人類は既に絶滅していたといわれるように、食欲は人間が生きていくために絶対必要だと遺伝子に刻まれていることです。

 

そんな食べる夢を見るのは、あなたの強い欲求の高まりを意味します。何らかの欲求を満たしたくて仕方が無い状態です。

 

何かを吸収することで満たされる?

食事は、食べることでその栄養を吸収します。生きていくために必要なことです。それと同じように、食べる夢をみたときはあなたが何かを吸収することで致されることを暗示しています。

 

知識や技術…その特定は出来ませんが、あなたが何かを吸収することで満たされるでしょう。

 

あなたのエネルギーが低下

食べることは栄養を取り入れて生きていくために必要なことです。そんな食べる夢を見るのは、あなたがエネルギーを取り入れることを望んでいる状態=今のエネルギーが低下していることを意味します。

 

どんな物を食べるか別の意味

食べ物は人によってその印象も様々です。世界中の人が好きな料理を作ることは絶対に不可能だと言われているように、ある人が好きな食べ物でもある人は嫌いだったりします。

 

食べる夢を見たときに、いったいどんな物を食べたかによって意味は変わります。それが好きなものか嫌いなものか、美味しかったか不味かったか…夢を思い出して照らし合わせながら見てみてください。

 

美味しいもの

夢の中で自分が美味しいと感じながら食べている夢の場合、これは夢占いでとても良い意味を持ちます。食欲は人間だけではなくすべての生物に生きていくために備わっている欲求です。その食欲が満たされる夢と言い換えることも出来、つまりあなたが今満たされていることを意味します。

 

運気もとても高い状態を示唆しており、今後のあなたの生活が充実していくことでしょう。

 

不味いもの

先ほどと逆に、不味いものを食べる夢を見た場合は悪い意味を持ちます。不味いものを食べるとあなたの今の欲求が満たされていない・不満を抱いている気持ちを暗示しています。

 

運気も下がっており、様々なことがうまくいかないかも。この夢をみたときは、今のあなたの状態を冷静になって見つめなおす必要がありそうです。

 

好きなもの

自分の好きなものを食べるのはとても幸せなことですよね。当然いい夢…かと思いきや、この夢は警告夢だとされています。自己中心的な考えになっていませんか?もしかすると、誰かから妬まれたり反感を買ってしまっているのかもしれません。

 

また、好きなものを食べるのは幸せなことですが、好きなものばかり食べていると食生活が偏ってしまいます。食生活の乱れも暗示している場合がありますので注意が必要です。

 

 

 

 

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い