何か隠し事をしている暗示かも?「化粧の夢」を見たときの意味や深層心理

何か隠し事をしている暗示かも?「化粧の夢」を見たときの意味や深層心理


化粧の夢

化粧をする夢は、人に言えないことや隠し事があるというメッセージです。メイクによって別人の顔になったり、素顔がわからないようにすることで自分を偽ろうとしているようです。

 

このままいくと、ストレスや罪悪感に飲み込まれてしまう危険性があります。

 

1.鏡の前で化粧(メイク)する夢

自分で自分がわからなくなっています。嘘と偽りが入り混じっていて、どれが本当なのか判断をつけられない状態。本心としっかり向き合う必要がありそうです。

 

2.厚化粧する夢

入念に化粧していたり、何度もファンデーションを重ねるといった夢は隠している「秘密」が重大なことだというサイン。厚化粧がひどいほど、隠し事が元で深刻な事態になっていくという暗示です。

 

3.舞台用のメイクをする夢

現実から逃げようとしています。また同時に、変身願望が強くなっている状態。自己嫌悪になってしまうような出来事・事件があったのかもしれません。

 

今の自分が嫌いで好きになれないことを悩んでいます。

 

4.化粧していない(素顔)状態に違和感のある夢

嘘をつくことをやめようとしています。自分の気持ちに素直になったり、本心を語りたいという思いが強くなっているようです。

 

5.化粧品、メイク道具が出てくる夢

人を騙そうとしたり、世間を欺こうとしている暗示です。好きでもない人と付き合ったり、不倫、浮気など恋愛がらみで厄介な事が起きる可能性があります。

 

6.基礎化粧品(化粧水、クリーム、美容液など)が並んでいる夢

良心の呵責があります。罪の意識にたえられなくなっているのかもしれません。なんとかして、本来の自分、ありのままの姿を取り戻そうとしているようです。

 

7.口紅を何度も塗っている夢

発言がもとでトラブルになりそうです。あるいは、以前ついた嘘がばれる可能性も。ごまかしたり、嘘を重ねると悲劇的な展開になるという暗示。

 

8.化粧直しをしている夢

周囲の目が気になっています。SNSの噂、あなたに対するコメント・評価を気にしすぎているのかもしれません。周りに合わせることに疲れているという暗示でもあります。

 

まとめ

ありのままの自分を思い出す時。飾らず、背伸びしない自分を好きになれたら「化粧」の夢は見なくなるでしょう。もっと楽な生き方をして、重たいストレスから解放されそうです。

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い