動物

ヤモリを見かけたら金運・開運力アップの兆し?金運・開運にはヤモリ!


壁や窓にペタリと張り付いて害虫を食べてくれる「ヤモリ」。

可愛らしいと思う方もいれば苦手に感じる方もいらっしゃるかも知れません。

「ヤモリ」は富の象徴・一家に幸福をもたらす家守として親しまれてきた生き物です。

ヤモリにまつわる開運エピソードや、縁起が良いと言われる所以をご紹介します。

家の守り神

hands-598146_1280 ヤモリは家にとっての害虫であるシロアリなどを、壁や窓に張り付きながら食べてくれるありがたい存在です。

特に夜に多くみかけるのはヤモリが夜行性で、街灯の灯りによってきた虫を取りに来るからです。

害虫となる虫を食べてくれる事から守宮・家守・家守などのあて名がつけられ、「家を守ってくれる」縁起のよい生き物として知られています。

富の象徴

dollar-1029742_1280 地方によってはヤモリを家守としてだけでなく「富の象徴」として大切にしています。

電気の普及していない遙か昔、灯をともらせる事のできたお金持ちの家に集まってきた事から富の象徴として扱われ出したのかも知れませんね。

ヤモリが夢に出てきたら?嬉しい事が起きるかも!

the-young-1075004_1280 ヤモリが夢に出てきたら、家族や身内に嬉しい出来事が起きる予兆と言われています。

金運のシンボルでもありますので、大きなツキに恵まれるかも知れません。チャンスが到来したら浪費せずに、キャリアや自分磨き、周りの人を喜ばせるなど、有効な使い方をすると開運効果が増すと言われています。

夢の中だけでなく気軽に手に入れられるヤモリグッズで開運力アップを目指してみても良いですね。

関連ツイート

まとめ

宝くじでも、ヤモリが住んでいる売り場では当たりが多く出たり、ヤモリが家に入ってきたら「金運がアップした」というヤモリにまつわる嬉しいエピソードは沢山あります。

無下に扱わずに、そっと見守り家に繁栄とツキをもたらしてもらいましょう!

悩みや開運の相談について

恋愛、仕事、人間関係・・・悩みが絶えませんよね。
私も常に悩みを抱えてきたので、痛いくらいにわかります。

20年前、私の悩みを解決に導いてくれてのは、紛れもなく占い師の方々でした。
(その経験をもとに私は占術を研究し、このサイトを作りました。)

当時、占い師への相談は対面で行うしかなかったので、仕事帰りに占い師の先生のもとによく通ったものです。

しかし時代は変わりました。
いまは悩みを手軽に本物の占い師に相談できる「電話占い」があります。 場所や時間は関係ありません。
電話で一流の占い師に相談できるのです。これは素晴らしいです!

でも「どこがおすすめなの?」「本当に信頼していいの?」など、疑問がたくさんあると思います。
占いが本業である私が厳選しておすすめする電話占いを3つご紹介します。

第1位

抜群におすすめなのが電話占い ウィルです。
数々のメディアでも紹介されており、もはや定番と言えるのではないでしょうか。

私自身も占い師という仕事柄、何度か試してみました。驚くべき点は在籍占い師のレベルの高さです。サイトを確認いただければわかりますが、数々の占術を修得した占い師が多数在籍しています。
ただ、注意点として、中には経験の浅い占い師も在籍しています。必ずサイト内のお気に入り登録者数とプロフィールを確認してから占い師を決めてください。そうすれば、大きくハズれるということはないはずです。
\電話占い ウィル/

第2位

かなり悩みましたが、同じくらいおすすめできるのが電話占いステラコールです。
サイトを確認いただければわかりますが、料金体系や占い師のプロフィールがとてもわかりやすいです。
また、全ての占いはステラ薫子さん監修で一貫した方針で運営されていますので、当たり外れがほとんどないです。取材で薫子さんとお話ししたことがありますが、占い師の採用基準の高さに驚きました。
\電話占いステラコール/

第3位

私の取材に基づき、次におすすめなのが電話占いFeel(フィール)です。新規登録のキャンペーンがとてもおトクなので、一度試してみることをおすすめします。
私は取材として9名の占い師の方で実際に試してみましたが、7名の方については経験豊富な安心できる方でした。他の2名の方については若手の占い師の方で経験が浅いように感じましたが、非常に親身になって接してくださりました。
(私自身の駆け出し占い師の頃を思い出し、応援したい気持ちになりました。)
経験についてはプロフィールにきちんと記載されているので、よく確認して占い師の方を選べば失敗はしないと思います。
\電話占いFeel(フィール)/


このサイトや占いで皆様の悩みが少しでも和らぐことを願っています。 
あなたへのオススメ記事
関連記事