全体運

今注目を集める「カバラ数秘術」で性格・運勢を占おう!


数秘術の起源でもあるピタゴラス数秘術は、後のに多くの影響を与えました。この影響を受け誕生した1つに「カバラ数秘術」と呼ばれる占いがあります。これはユダヤ教徒を中心に信じられている、運勢や将来を占う秘術なのです。

そこで現代良く使われるこのカバラ数秘術について、占い方や結果の意味等について見ていきます。

カバラ数秘術とは?

my_2_1

まずカバラ数秘術とは何かについて見ていきます。このカバラはユダヤ教徒の原点とも言うべきモーセが、神から授かった秘術とされています。そのため、ユダヤ教を始め西洋世界では多くの影響力を持ち、タロットカードなど他の占いにも影響を与えている占いなのです。

カバラ数秘術の占い方はピタゴラス数秘術同様に生年月日を使います。ただし大きな違いは、生年月日をそのまま使うのではなく、独自の計算方法を使ってその人の「数」を出すことによるということです。そしてこの「数」を使って将来の運勢や個人の性格、人との相性を占ったりしていきます。

カバラ数秘術を使った占い方

my_2_2

続いて「カバラ数秘術」のやり方について説明をしていきます。ピタゴラス数秘術では、生年月日を使って運勢を占います。

その占い方は、まず生年月日を1つずつの数に分解をして、それぞれを足します。その結果、二桁の数字になったら、それぞれを1つずつの数に分解して、足していき一桁の数字になるまで計算を続けるのです。これによって出された数が占いの対象となる「数」なのです。

分かりやすく説明をすると「2015年4月1日」だとすると、まずこれを2、0、1、5、4、1に分解します。そしてそれぞれを足すと「13」になるので、1、3に分解をして足し算をします。その結果2015年4月1日の誕生日の人は、「4」が運命数になると分かるのです。

カバラ数秘術での「数」の意味

my_2_3

数秘術の世界では特別な数が存在することが多く、カバラ数秘術でもそれは同じです。占いによって「11」「22」「33」等のゾロ目が出た際は、通常の結果よりも強化されている運命にあるとされます。

そして、それぞれの「数」の意味は1は「統率力の高い人」、運命数が2なら「思いやりのある人」、3は「努力家」で、4は「堅実な人」、5は「行動派」といった具合に決められています。また、6は「芸術センスにあふれ」、運命数7は「分析タイプ」、8なら「情熱的な人」、9なら「正義感が強い」といった特性を表しています。

そのほかカバラ数秘術では11と22も決められており、運命数が11なら「独創性あふれる人」、22なら「カリスマタイプ」といった具合の意味づけがされます。

さらに、カバラ数秘術ではそれぞれの「数」の相性も判断できるようになっており、応用のきく占いとなっているのです。

ツイッターの声

終わりに

カバラ数秘術は、現代ではよく使われる数秘術になっています。自分の性格や運勢を知るためにも気軽に試してみるといいかもしれません。

あなたへのオススメ記事