全体運

怖い夢を見たら危険な暗示?それとも…夢占いを試そう


体調や精神的に疲れを感じている時には、怖い夢を見ることがあるでしょう。怖い夢を見ると嫌な気分になるほか、何故か分からないが不安を感じることもあるはずです。そこで、こうした怖い夢を見た場合、夢占いではどういった意味合いを表しているのかについて見ていきます。怖い夢を見てしまった人は不安を和らげるためにも必見です。

どんな夢が怖い夢に分類されるのか?

5-1

一概に怖い夢と言っても、その種類は大きく異なります。例えば、自分が死ぬ夢や殺されてしまう夢、逆に殺人などの犯罪を犯してしまう夢もあるでしょう。また地震や雷などの自然災害に巻き込まれる夢もあれば、猛獣に襲われる夢もあります。そのため、どの夢が怖い夢なのかと断定することは難しくなっています。

ただし、夢占いではポイントとして「怖い印象だった」と感じていることを怖い夢としています。そのため、仮に自然災害に巻き込まれてもやり過ごし生還したり、猛獣を打ち負かす夢であれば、怖い夢よりも明るい兆しのある夢と判断されるのです。そこで、怖い夢の占いをするのであれば、実際起きた時の印象が怖いものだったkを確認するといいでしょう。

怖い夢の本当の意味は…?

5-2

寝ている間に怖い夢を見てしまった場合、それは夢占い的には「危険を警告している」ことが多いです。この危険とは、例えば疲れが溜まっており休みを取った方が良かったり、心配事を抱えており事前準備を怠らないようにしておくと言った具合です。そのため、基本的には怖い夢を見たらゆっくりと休みを取ることが大事になるでしょう。

また、一言で怖い夢と言っても、その種類は様々あるはずです。例えば幽霊、ゾンビ、悪魔、化け物などに襲われる夢であったり、泥棒や犯罪者に追われる夢、自然災害に巻き込まれる夢など様々です。こうしたことから、一概に「怖い=悪い」と言い切れるわけではありません。しかし、基本的に目覚めが悪いような怖い夢は、危険を危惧している夢と考えられているのです。

怖い夢を見たらどうしたらいいの?

5-3

万が一眠っている間に怖い夢を見てしまったら、その意味を確認して原因を取り除いてあげることが大事です。例えば、日ごろの疲れが溜まっていることが原因で休暇を取ったり、ストレス発散をしたりすると言った具合です。こうした行動をすることで、深層心理からの警告を正しく受取ってあげることができます。

また、悪夢にうなされる日々が続くのであれば、熟睡できる工夫を取り入れることも大事になるでしょう。これには例えば枕の高さを変えたり、静かな環境で寝れるようにするなどです。こうした試みをすることで、怖い夢が教えてくれる警告・危惧の暗示を対処することにつなげられます。

ツイッターの声

終わりに

怖い夢を見ることは良いものではありません。しかし、その夢を見ると言うことは何らかの理由があるので、夢占いを通して解明して見るといいかもしれません。

あなたへのオススメ記事
関連記事