運気

幸運をもたらすフルーツ「仏手柑(ブッシュカン)」って何?


”仏手柑(ブッシュカン)”というフルーツをご存知ですか?一度見ると、決して忘れる事が出来ないその神秘的な形状、そして気になるネーミング。このブッシュカンが幸運をもたらすフルーツなんだそうです!一度見たら一生忘れないであろう形とは?どんなものなんでしょうか?

「仏手柑」とは一体?

c7658eac33f7828130d19375eb0ae340ブッシュカン(仏手柑 Citrus medica var. sarcodactylus)は、ミカン科ミカン属の常緑低木樹で、「カボス」「ユズ」などと同じ香酸柑橘類の一種である。シトロンの変種。ブシュカンとも言う。この変わった名前の由来は、『仏手柑』字のごとく、果実の形が手の指の形に似ており、千手観音を思わせるところから。まさしく柑橘の一種で、名前にふさわしく釈迦の国、インド東北部原産のシトロンの一品種。
仏手柑はなんと”中身”がないんです。果実が大きくなっても中身の果汁などはなく、みかんで言うところの皮をめくったらある白い部分が、綿のようになっているだけで、すっぱくて生食用ではありません。

「仏手柑」の食べ方

o0800060010928776277皮を砂糖漬けにして食べることが多い。また、ブッシュカンは、花に似た独特の濃厚な香りを持つ。これでマーマレードを作ると、香りがさらに引き立てられ、さっぱりとした味わいに仕上がる。ジャムとしても食べられるということですね。
そして、庭に植えると「代々(橙)家が栄える」と言い伝えられている。仏手柑は仏の手のような形から運や福を呼ぶといわれています。商家では瑞兆の果実としてその末広がりの形が喜ばれ、商売繁盛を祈って正月にかざられ、婚礼などその他の慶事の際にも重宝されたそうです。

芸術の世界では有名!

9fde0d9ee0e7bb4bba9c0699e17dbecdユニークな果実の形から江戸時代位から鑑賞用として「生花」「茶の席」「正月飾り」「盆栽」などに珍重されているんです。「仏手柑」は一つとして同じ形が出来ないので、画家や彫刻家等から、美術や工芸品の題材として人気が高いということ。
鑑賞だけではない”仏手柑”に秘められたポテンシャルとは?アジア地域では古来より不老長寿をかなえる漢方薬として重宝。クエン酸が多く含まれている為、疲労回復や食欲増進に効果的であり胃痛、脇腹痛、嘔吐、咳などにも使用されてきました。

関連ツイート

まとめ

いかがでしたか?ちなみに高知で仏手柑と言えば”丸仏手柑”が有名なんだそうです。形はあまり可愛いとか綺麗とは言えないような気がしますが、芸術の世界では有名であり、漢方薬としても使用されてきたという果物。本当に神秘的なフルーツですね。

あなたへのオススメ記事