開運ちゃんねる - 今日から運気をあげよう! -

洪水の夢を見たら不満の暗示…危険を未然に防ごう


自然災害の夢を見た後の目覚めは、決していいものではありません。そんな嫌な夢の1つとして、「洪水の夢」も含まれることでしょう。しかも、この洪水の夢は、夢占い的に危険を暗示する夢として解釈されています。そこであふれ出て止まらない洪水の夢を見たときの意味について、ここでは詳しく説明していくこととします。

その①:洪水が起きる夢…恋愛感情の高ぶりを表す

17-1

最初に、単純に洪水が起きる夢を見た場合について説明をしていきます。洪水は危険を象徴することもありますが、単体で見ると「恋愛感情の高ぶり」を示唆する自然災害として解釈されます。そのため、夢の中で洪水が起きたら、それは異性に対して恋愛関係を望んでいることを表すのです。

また、洪水には別の意味もあり、事態の好転を表すこともあります。なぜなら、洪水が起きた後には、新たな街が発展したり、経済が生まれるからです。そのため、洪水が起きる夢を見ることで、今までなかなか進まなかった仕事に進展が見られることもあります。

その②:洪水に巻き込まれる…吉夢の予感

17-2

続いて、夢の中で洪水に巻き込まれるシーンに出くわしたら、どのような意味が込められているのでしょう。これには「環境の急変」や「転換点」という意味が込められています。つまり、今までとは全く違ったことが起きることを表すのです。その結果、明るい未来が切り開けることが多いです。

ただし、洪水に巻き込まれてどうしたらいいか分からず、慌てている場合は凶夢として解釈されます。この場合は、大きな流れに逆らうことができず、仕事やプライベートで様々な人に翻弄されていることを表します。そのため、自分の考えと行動が一致しているかを確認すると良いでしょう。

その③:洪水から避難する夢…上り調子の表れ

17-3

洪水に巻き込まれるのではなく、その洪水から一生懸命逃げようとする夢を見る人もいるはずです。こうした洪水から避難する場合、上手く被害に遭わなければ「上り調子である」ことを意味します。つまり、生活している中で調子が上向いてきて、仕事や恋愛面で目標が達成できる機運が高まっていることを表すのです。

しかし、この洪水から逃げようとして巻き込まれた場合は、不運を意味しています。その場合、順調であったプロジェクトが失敗に終わったり、成就しそうな恋愛が破局する暗示と言えるでしょう。そのため、生活基盤を見つめ直し、何か綻びが生じていないかを確認するといいでしょう。

その④:洪水の印象の違い…水量・透明度など

17-4

最後に同じ洪水でも、その洪水を見た時の印象の違いによる意味合いを説明します。まず水量についてですが、これは感情の高ぶりをあらわします。つまり、水量が多ければ、追い風にもなりますが、感情のコントロールが難しくなり、失敗もしやすくなるでしょう。また、水量が少なければ、自分でも制御できる感情であることを意味します。

また、洪水の水の透明度は、成功の度合いを表します。つまり、澄んでいれば済んでいるほど、成功確率が高く、濁っているほど失敗しやすいのです。そのため、こうした水の印象に違いがないかなどを確認して夢占いに臨むと、将来を占いやすくなるでしょう。

ツイッターの声

終わりに

洪水には「恋愛感情の高ぶり」という意味合いが含まれています。そのため、夢の中で洪水が起きたら、抑えられない感情が湧き起こっていると解釈するといいかもしれません。