運気

名刺の色を変えて仕事運アップ!職業別に見る名刺に適した色とは


名刺と言えば白地に黒の文字で会社情報と自分の名前が書いてあるのが定説ですが、最近は様々な色や形の名刺も登場するようになりました。
名刺を渡すと言う事は覚えてほしいということなのでこれからは名刺も個性が必要になってきますよね。
今回は名刺の色に注目して、どの色の名刺を使うと仕事運がアップするのかを職業別に解説していきます。
色と運気のつながりは古くから風水で取り入れられており、運気アップにはとても重要なものなので、今後の名刺作りの参考にしてみて下さい。

オレンジ色系の名刺を持つと良いとされる職業は

  b1b4d4495aee15fb63e5626feabdd9bc_s オレンジ色は暖かくやさしいイメージを持っているので人のお世話をする職業に適していると言われています。
介護職や保育園、学校の先生といった職業にオレンジ色が適しているのはもちろん温泉旅館などもオレンジ色の名刺にすると良いと言われています。
人をやさしくお世話する職業にはオレンジ色の名刺が良いということですね。

青色は知的なデスクワークに向いています

  0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_s 青色は知識や教養、効率化などの運気が上がるといわれているので、デスクワークの職業の名刺に向いています。
コンピューター関係やネットビジネス、理系のお仕事や出版物の作成者などが青色の名刺を持つと良いと言われています。
また青色は水を表しているので飲料水やお酒の販売の会社にも適していると言われています。

自然のやさしさを象徴する色グリーンの名刺が合う職業とは

  a8c35dfcbef57c92dd9418aed902dd20_s グリーン系の色の名刺は人に穏やかな印象を与えるので人と合う仕事の場合ほとんどの職業で適していると言えます。
介護職やペット関連の仕事、教育者にもグリーンは適していると言え、さらに自然と関わる林業や植木屋さん花屋さんにも適しています。
基本グリーンは人や自然と触れ合う仕事ならほぼ適しているので、グリーンが好きな人は迷わず緑の名刺を選ぶと良いと思います。

クールなイメージ黒系の名刺が合う職業とは

  707aaa9887df2bd1fc5f1d72317a781a_s 黒などのダークな色の名刺は権威のある業務の人が持つと良いと言われています。
裁判官や弁護士、税理士といった仕事がそれに当てはまります。
また秘密を厳守する必要がある探偵などの調査機関の仕事も合うとされています。
そして一人で黙々と作業するような芸術家や陶芸家といった仕事の人も黒などのダーク系の色の名刺を持つと良いと言われています。

■関連ツイート■

 

終わりに

  名刺の色が白ばっかりだと印象に残りにくいですよね。せっかく名刺を渡すのですからその人の印象に残るようにしたいですよね。
あなたへのオススメ記事