【開運・家庭運】自分の子供にはのびのび育ってほしい。将来成功する子供に育てるために使ってはいけない言葉とは




子供が今いる人もそうでいない人も、子供との接し方には自信がありますか?もちろん自分も子供の頃があり今の自分があるわけですから、子供の気持ちはわかっていると思う人も多くいるかもしれません。
ですが子供が置かれている時代背景やそれぞれの子供が持つ個性や性格は様々で、「わかっているつもり」でも無意識に子供を傷つけるような言葉を言ってしまっているかもしれません。
将来は大成功して大金持ちになってというような大きな望みではなく、最低限のびのびと健康に優しく育ってほしいと思うのが親の本心だと思いますので、今回は子供がのびのびと育つために親が使ってはいけない言葉をいくつか挙げてみたいと思います。
イライラした時やふとした時に子供にそんな言い方をしていないか確認をしてみてください。

頭ごなしに「○○しなさい!」と言ってしまうのはNG

5910ca692ae673e237e5fdbc6823991c_s 良く親が「おもちゃを片付けなさい!」と叱っているのを耳にしますが、頭ごなしにすぐ「○○しなさい!」と言ってしまうことには注意をしなければいけません。
もしかしたら今から片付けようとしていたのに「片付けなさい!」と言われると、子供のやる気はどんどん低下してしまい逆に片づけたくなくなってしまいます。
たとえば「お片づけはいつ?」であったり「遊び終わったら片付いているのと散らかっているのとどっちがいい?」と言ったような質問口調にすると子供は具体的に片づけることを想像することができるので効果的です。

無意識に言ってしまう「だからダメなのよ」

  0d4304a4763f49bec3c2bdc55729475b_s 「だからダメなのよ!」という言葉を聞くとちょっと厳しい言葉に感じて、「そんなことを子供に言うわけない」と思う人がほとんどだと思いますが、無意識に言っていることがあるのです。
何か子供が夢中になっているけど失敗を繰り返すことに対し「だからダメなのよ、ちょっと貸してごらん」と強い言い方ではないですが、無意識に言ってしまっていることがあります。
子供は無意識でも親の言った事は心に響いているので、このような言い方は子供のやる気をそいでしまいます。
できないことに対して何かを言うのではなく、ここまではできるようになったと言う言い方をする癖をつけると子供はのびのびと成長してくれるでしょう。

他の誰かと比べることもNGです。

  fdb2c2e0bfe83b892c50bd67399f9a65_s 子供には大人が想像できないほど無限の可能性を秘めており、個性があるのです。その子供一人一人が持つ個性を大事にするためにも、他の子供と比べることはしないようにしましょう。
「○○君に負けちゃうよ」ですとか「○○君の方が上手だったね」という言葉は子供の持つプライドを傷つけてしまいます。
子供は失敗することが当たり前なので、その失敗を人と比べるのではなくここまでできるようになったという事を褒めてあげるようにして下さい。

実は子供を否定している言葉「あなたのためだから」

  4c5a5dbe9f2ccd297f2121146871c60c_s 「あなたのためだから」と言っている時は絶対に子供の意に反することを教え込んでいると言う事になり、子供をのびのびと育てるには向いていない言葉だと言えます。
何かを子供に強いている時に使われる言葉なので、この言葉を言われると子供は「何か嫌な事をされる」と無意識に察知して委縮してしまうのです。
いきなり「あなたのためだから」と自分の考えを押し付けたりせず、子供がまず何をしたいのかをちゃんと聞いてあげることを優先しましょう。

■関連ツイート■

 

終わりに

  子供をのびのび育てるという事は親なら誰しもが願う事だと思いますが、正解がない事なのでとても難しいですよね。でも今回挙げた言葉は子供にとって良い影響がないものばかりなので参考にしてみてください。

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い