【金運】小銭の事を知ればもっと金運アップ!?あまり知られていない日本の硬貨の秘密を徹底解明




普段何気なくお財布から取り出している小銭、基本的には記念硬貨などを除き「1円」「5円」「10円」「500円」と4種類の硬貨が存在していますが、毎日見慣れすぎてこれらの硬貨をよく研究するなんて事はしないかと思います。
硬貨には表裏があってそれぞれに違う絵柄が描かれていて、といった基本的なことは分かると思いますが、なぜ穴が開いているものとそうでない物が存在するのか、なぜ回りがギザギザになっているものとそうでない物が存在するのかと言ったような細かい疑問やトリビアが多いのが小銭です。
今回はこの小銭に関するちょっとした豆知識や小銭に関する金運アップ方法などを伝授します。
これを知れば小銭を意識するようになり金運アップ間違いなしですよ。

金運アップに小銭は大きく関わっています。

4466927674b53d4d5a82bf8d84f6df15_s 金運アップをさせたいならお札に関する開運方法が欲しいと思う方も多いかもしれませんが、もともとお金は小銭から始まっていることはご存知ですよね。
そのため小銭に関する開運方法は金運アップに硬貨があると言われており、特に小銭の「音」には金運アップのパワーがあると言われています。
お財布の中に小銭が全く無かったり1枚だけあって小銭がぶつからず音が出ない状態よりも、小銭がたくさん合って「チャリチャリ」と音が鳴るほうが金運がアップすると言われていますよ。
また神社でお賽銭を入れるときもなるべく「チャリン」と音を立てるようにするとさらに効果があると言われています。

なぜ穴があるものとないものが存在するのでしょう

  db1bb33f29437c56e291a163c32079e9_s 日本の硬貨では現在5円玉と50円玉の真ん中に穴が開いています。
これはなぜ開いているのかと疑問に思ったことはありませんか?
もともと日本の硬貨は全て穴の開いていないものだったのですが、戦後間もない頃の資源不足で節約のためまず5円玉に穴を開けるようになったようです。
50円硬貨は昔今よりも大きいサイズで同じ色の100円玉と見分けがつきにくいという意見が多かったため、50円玉を少し小さくして真ん中に穴を開け容易に見分けられるようにしたとのことです。

硬貨の周りのギザギザについて

  325a17c7da110f4e03f537f2f3cbfc03_s 日本の硬貨は50円玉、100円玉、500円玉の周りにギザギザがついており感が鋭い人なら分かるかと思いますが、金額が高いほうの硬貨にギザギザが彫られているのが分かるかと思います。
実は硬貨は手触りだけで簡単に違いが分かるようになっているのです。
1円玉は小さく軽く、まわりがつるつるですぐにわかりますよね。5円玉も穴が開いておりまわりがつるつるなのでギザギザの50円玉とは手触りで違いが分かるのです。
100円玉と500円玉は大きさも違うのですが、ギザギザの細かさが違うのでそのギザギザの感覚の違いを覚えておけば目で確認することなく硬貨の違いが判断できるようになりますよ。

1円玉を笑うものは1円玉に泣く!?

  f2041eead2ebae2a5012ae7c30481ffb_s 1円だからといって粗末に扱ったりすると金運がダウンしてしまいますので1円とはいえ他の硬貨と同じように大切に扱いましょう。
1円玉はもちろん硬貨の中で最もたくさん出回っているのですが、1円玉1枚を生産するには実は2円ぐらいのコストがかかっていると言うことはご存知だったでしょうか?
また世界で唯一表面張力で水に浮くことができる硬貨なのです。
毎日何気なく見ている1円玉ですがそれだけの生産コストがかかっていると思うと大事に扱えますよね。

■他関連ツイート■

 

終わりに

  お財布を思い切り広げて顔を近づけて小銭を捜すよりも、手触りだけで見ずに小銭を判断してさっと取り出すことが出来たらかっこいいですよね。

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い