「昔、好きだった人」が夢に出てきたときの意味

「昔、好きだった人」が夢に出てきたときの意味


昔好きだった人が夢に出てくる意味

昔好きだった人が夢に出てくる意味

昔好きだった人が夢に出てくる意味

夢と言うのは本当に様々なものが形となって現れます。幸せなものから見たくないものまで多種多様な形で現れます。中には「なんでこんな夢を見たのだろう…」といったものまで。

 

夢は時として疑問を持つ夢もあります。その中の一つが『昔、好きだった人』の夢でしょう。いったい何故そんな夢を見てしまうのでしょうか?

 

後悔

昔好きだった人の夢を見てしまう、一番の理由は後悔があるという意味があります。昔、好きだった人に結局思いを告げられないまま離れてしまったり、もし交際していたとしてもいつの間にか疎遠になり…など、不完全なまま別れてしまった場合に見る夢だといいます。

 

これは恋愛だけに及ばず、例えば志望校ではない学校をあきらめて別の学校に行く…などの場合も後悔することがありますね。そのような恋愛が関係しない後悔も『自分の好きだった人』となって夢に現れるのだといいます。

 

過去の恋愛への執着

好きな人がいるというのはそれだけでも毎日が輝きますが、もしもその人と恋人になることが出来れば、とても楽しいですね。たとえ残念ながらその人と別れることになってしまっても、楽しかったその時間の重いでは色あせることなく記憶に残り続けます。

 

その幸せで楽しかった時間を夢の中で思い起こしているわけですから、これは現在の生活に不満を感じている・充実できていないことを意味します。

 

今の生活を退屈と感じており「あの頃は楽しかった」と過去の楽しかった・幸せだった時期を無意識に振り返っているようです。また、もしも現在恋人がいる場合は「何かが違う、昔付き合っていたあの人のほうが…」と、過去の恋人と比較してしまっているようです。

 

どちらにせよ、過去の恋愛に執着しているという意味。これは前述で紹介した後悔ともつながりますね。

 

昔好きだった人が夢に出てくるときの深層心理

前述で、昔好きだった人が夢に出てくるのは後悔や過去の恋愛の執着であると紹介しました。

 

では、そのときの自分の深層心理は具体的にはどういったものがあるのでしょうか?

 

強い疲労の心理

昔好きだった人が出てくるのは、過去の楽しかった時期を振り返っている状態、つまり今現在の生活に満足できていないことを意味します。

 

特に、精神的な疲れの色が強く伺えます。多忙で休む暇さえなかったり、人間関係に疲れを感じているのかもしれません。そんな辛い現在から目を背けようと、過去に楽しかった時期を思い浮かべているようです。

 

心当たりのある場合は、難しいかもしれませんが可能な限り早急に休息を取るようにしましょう。

 

今の恋愛に不満・不安を感じている心理

昔の恋人が夢に出てくるというのは、今の恋人に対して不満や不安を感じているという心理が働いた結果であることも多いといいます。

 

相手の行動や言動に対して不満を感じていたり、今の恋愛に何か物足りなさを感じて「昔付き合っていたあの恋人は…」と、比較してしまっているために、この夢を見るのだといいます。

 

元恋人の夢を見て、今恋人がいる人は、現在の恋人との関係を今一度見直すと良いかもしれません。

 

過去に捉われずに!

過去の思い出というのは、どうしても美化されてしまうものです。楽しかった思い出が、より強く輝く美しいものとして残ります。

 

そんな過去の思い出も素晴らしいですが、過去を振り返るあまり今を疎かにしてしまっては元も子もありません。あまり過去に捉われすぎず、前を向いていくことが大切です。

 

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い