誕生石特集【パワーストーン】5月:翡翠(ジェダイト)




みなさんはパワーストーンをご存じでしょうか?
パワーストーンとは、宝石(貴石・半貴石)の中でもある種の特殊な力が宿っていると考えられている石のことなのです。
その石を身に付けるなどしていると良い結果がもたらされると愛好家などから信じられているのも特徴ですね。
そんな数多くのパワーストーンが存在しますが、その中で今回は5月の誕生石【翡翠(ジェダイト)】をピックアップしてみましたので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

翡翠(ジェダイト)

3d34c1cedc36b429
古くから、世界各地のいろいろな民族が、『魔法の石』としてこのジェダイトを崇めてきたとされています。
ネイティブアメリカンは、この石に彫刻を施し『聖なる護符』とし、また、スペイン人は、中央アメリカ遠征の時にこの石を発見して以来お守りとして大切にしてきたといわれています。

翡翠の歴史では日本が最も古く、縄文時代から勾玉として使用されてきました。
20111108_2366631

翡翠は、『忍耐、調和、飛躍』を表す鉱物とされ、持つ人に大いなる叡智を授け、素晴らしい人徳を与えてくれるといわれています。
落ち着いた冷静さと揺るぎない忍耐力を養い、災いや不運から持ち主の身の安全を守ってくれるでしょう。
不安で落ちつかない夜にも効果を発揮し、持ち主に平和な眠りをもたらしてくれるともいわれています。
冷静さや沈着さを高めてくれるため、自ら災害に巻き込まれることも防いでくれるでしょう。

また、東洋では古来より『あらゆる成功と繁栄』を象徴する石として大切にされてきました。
秘めた能力を開花させ、夢や目標を達成させる心強いサポートをしてくれるといわれています。

翡翠とは?

n9844_3
翡翠は、その豊富な色の原石が、美しい”翡翠”(カワセミ)をイメージさせることから”翡翠玉”と呼ばれるようになり、 その名前が中国から日本へと伝わってきたとされています。
古く中国では、五徳(仁・義・礼・智・信)を高めるとされ、富豪らは正妻に翡翠を贈り、第二夫人にはダイヤを贈っ たとされています。
また翡翠は玉(ギョク)と呼ばれることがあるそうです。
古来より玉(ギョク)には神秘的な霊性があると信じられ、神や皇帝などと結び付けられていました。
国王の座る椅子を『玉座』と呼ぶのは、そうした名残です。

E7BFA1E7BFA0E38390E383B3E382B0E383AB01a

この日本でも古くから『豊穣、生命、再生』をもたらすものと信じられ、また神聖な石であると同時に、「幸運の石」として大切にされて きたといわれています。
そうした、さまざまな伝承が残るジェダイト。
東洋人には、特に深い歴史となじみをもつパワーストーンです。

効果

20091206011958162
「仁・義・礼・智・信」の5つの徳を備えた石として、持ち主に天の叡智を授け、意識を高め、人徳を与える効果があるといいます。
指導的な立場の人が身につけると、多くの人々から敬意を払われ、支持を得ることができるでしょう。
また、古来より「奇跡の石」と呼ばれ、護符としても珍重されてきました。
人生の成功と繁栄を守護するとされる翡翠は、ビジネスを成功させるお守りとしても最適です。
稼業の繁栄をもたらすとされるため、独立や事業を拡大する際には、願いを込めて身につけることをおすすめします。
翡翠は、冷静さや忍耐力を養う効果があるともいわれています。大切な打ち合わせや交渉の際に、身につけるとよいでしょう。
悪夢を見やすい人や、逆境が続いている人にも、魔よけのお守りとして、おすすめのパワーストーンです。翡翠は、あらゆる障害から持ち主を保護するとされるため、夢や目標がある人が身につけると、達成するまで強力にサポートしてくれるでしょう。

特徴

08081322_5021e976b2e7f

翡翠は、ジェダイト(硬玉)とネフライト(軟玉)の2種類に分けられます。二つは鉱物学上では違う石なのですが、エネルギー的に見て大きい意味では似た性質がある石です。
ただし、ジェダイトは夢や自分自身の霊的な部分に繋がるエネルギーが強く、ネフライトは自然との繋がり、自然霊との繋がりを強める傾向が強いという違いがあります。)

まとめ

いかがでしたか?
一言でパワーストーンと言っても、こんなに色んな意味があるなんて素敵ですね。
見た目が非常に綺麗ですので、アクセサリーなどに着けて、持ち歩くのもおススメです。

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い