夢で「津波」が起きたら変化の兆し!良くも悪くもなる




最近では「津波の夢」を見る人が多くなっているようです。この原因は、東日本大震災のトラウマとして残っているからです。ただし、こうした影響ではなく、純粋に「津波に襲われる夢」を見たら、そこにはどんな意味が含まれているのでしょうか。ここでは津波に襲われることが暗示する将来について説明をしていきます。

その①:津波に巻き込まれる夢…問題発生の予感

16-1

まず、あなたが津波に巻き込まれる夢を見たら、それはどんな意味を持つのでしょう。これは「問題発生」の前兆として捉えられています。一方的に押し寄せてくる津波は、夢占いでは「崩壊」を意味します。特に精神的に辛さが押し寄せていることを表し、それを引き金として仕事や経済面で問題が起きかねません。

また、津波に巻き込まれる場合、人間関係のいざこざを表していることもあります。普段から付き合いの悪い人から因縁をつけられたり、仲良かった人が裏切ったりする可能性もありえます。そのため、こうした人物関係、仕事・経済面のトラブルに備えておくといいでしょう。

その②:津波が町を壊す夢…崩壊と再生の意味

16-2

続いて、夢の中で津波が町を壊す光景を目の当たりにしたケースについて見ていきます。この場合、普通は凶夢として解釈されます。今まで順風満帆に生活をしてきた人であれば、それが一気に崩壊して人生のどん底にまで突き落とされる可能性があるでしょう。そのため、こうした問題が起きないかに注意を払って生活をすることが賢明です。

ただし、今までの生活が苦労の連続で実りのない毎日を送っているのであれば、それが好転する意味合いも持っています。津波は崩壊ももたらしますが、同時にその場に新たな街を作らせます。そのため、悪環境のもとで生活をしてきた人は、良い方向へ向かう兆しとなるでしょう。

その③:津波から逃げる夢…逃げ切れれば幸運

16-3

夢によっては、津波から逃げようとするシーンに出くわすこともあるはずです。この場合は顛末によって意味合いが変わります。まず、高台に無事に逃れて助かる夢を見たら、これは吉夢と言われています。なぜなら、津波というプレッシャーから逃げ切り、困難を回避したことを表すからです。

ただし、逃げ切れなかったら「その①:津波に巻き込まれる夢」と同様の解釈になってしまうので、注意をしましょう。

そして、もし無事に逃げ切ることができた際には、津波の透明度にも注意を払うといいかもしれません。津波の水が透明であればある程、幸運の兆しが強く、成功を収められる可能性が高くなります。

その④:リアルな津波の夢…津波への警戒が必要

16-4

間違いなく夢を見ているはずなのに、妙にリアル感を帯びている「津波の夢」を見たことがある人もいるでしょう。こうしたリアルすぎる夢は、もしかしたら「津波が起きる予感」を感じているかもしれません。そのため、逃げるための準備が整っているのか、またどこに逃げるべきなのか等を確認しておくことが肝心と言えます。

また、東日本大震災の影響で津波の夢を見てしまっている方もいます。こうした影響によって、夢に出てくる場合は精神的に疲れを抱いていることもあるので、ゆっくり休んだり、医師に相談をすることが大事になるでしょう。

ツイッターの声

終わりに

一瞬にして全てを飲み込む「津波」。この津波の夢を見たら、崩壊と再生の両方の意味をもつので、自分の状況下に合わせて、どういった解釈になるのかを確認するといいでしょう。

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い