強運は自分で掴むモノなのです。出来る事からトライしましょう!




世の中には色んな開運方法があります。
みなさんは【自分で決める力】はどのぐらい持ってますでしょうか?
自分で決める力が身につけば「人生を思い通りに生きている」と感じ、自分なりの人生を選んでいけるのです。
今回は開運のための【自分で決める力】についてピックアップしてみましたので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

話す前に考える

shutterstock_190234907
後で後悔するようなことを言ってしまった経験を思い返してみましょう。
心の中で再現しながら、公開した言葉を使う前に、深く息を吸って、次のような言葉を自分に言い聞かせます。

「ストップ!私の望みは何だろう? 今どうするのが、一番良いだろう?」

と心の中でつぶやいてください。
そうする事によって一度冷静になって、また同じ過ちを繰り返さないようになります。

姿勢をよくする

5530f31cf2ef66269dcddda4371be589-800x415
バランス良く、まっすぐに立ちます。
そして正面を向いて、にっこり笑います。
この姿勢で、みじめな気分になったり、悲しくなるのは難しいでしょう。
心と体は共鳴しています。
気分が良ければ、姿勢もよくなります。
逆に姿勢が良ければ気分もよくなるのです。

間違いから学ぶ

1454655922_1

望む希望にならなかった経験を思い返してみましょう。
もしかしたら、逆の結果に出来たのかもしれません。
どうしたらよかったのかを考えて、ノートに書いておきましょう。
そうすれば、必要なときに参考にできます。
過去の間違った経験から学び次は成功に結び付けましょう。

未来の出来事を映像化する

future

これから先の出来事を思い浮かべる場合、たいてい悪い想像をするものです。
例えば、あなたは家族の帰宅が遅いと心配したことはないでしょうか。

何か良くないことが起こったのではないかと不吉な予感がする。
何度も腕時計を見て、窓の外を眺めては、携帯電話のメールをチェックし、部屋の中をうろうろする。
やっとドアが開いて、本人がかえってきたときには、あなたはもうパニック状態で、精神的に完全に参ってしまっている。
心配はただの創造の産物です。
この例では、悪い結果だけを考えて、おろおろするばかりで、精神的にもダメージを受けてしまっています。
このように想像力の力は大きいモノなのです。
この力は、プラスの方向に利用することもできます。
気にかかっていることが、うまくいく様子を想像してみましょう。

映画監督になったつもりで、自分を主人公にして映画を撮影します。
監督は穴ら自身ですから。好きなように映画をしたり、編集したりできるというわけです。

では映画の撮影を始めましょう。
画面を思い浮かべ、そのがめ煮あなた自身を映し出します。
好きな世に、自由自在に演出します。
どこかの場面でマイナス思考になったら、頭の中でテープを巻き戻して、もう一度撮りなおします。
そしてハッピーエンドで終わらせます。
映画を撮り終えたら、巻き戻して、もう一度ハッピーな物語かどうかを確認して、「すごい!」「素晴らしい!」と素直にほめたたえましょう。
この映画を、心の中で何度も再生するとそれが現実になるのです。
失敗談
この方法がうまくいく理由は、心は過去と未来の違いを区別できるわけではないからです。
これを繰り返せば、未来は必ずうまくいくというプログラムがあなたの神経に組み込まれ、大きな自信がつきます。
映像化は「自分で決める力」をみにつけるプラス思考のテクニックです。

まとめ

自分で決める力を高めて、人生をプラスの方向に変えていけば、必然的に運気も上がり、開運効果も出てくるはずです!

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い