転職を真剣に考えているあなたへ。立ち止まって一度考えてみると仕事運や成功運がアップしますよ。




今や転職は20人に1人は転職経験があるという時代になっており、特に珍しいことではなくなりました。
転職を支援してくれる企業もたくさん増え昔に比べて転職が身近なものになったので、そこまで転職すると言う事に抵抗は無いかと思います。
これだけ転職者の数が増えているのですから当然転職をして成功した人、反対に失敗した人もたくさん存在します。
転職に失敗した人というのは「前の環境が嫌になって転職したが、新しい環境はもっと劣悪だった」という感想が一番多く、収入に関することより仕事内容や人間関係に対して感じると言われています。
今回は今転職を考えている人のために、「いちど立ち止まってじっくり考えてみる」ということをオススメしたいと思います。
今の一時的な感情だけで突き進んでしまうと運気が悪かったとき、きっとより悪い環境へと足を踏み込んでしまいますよ。

仕事をやめたい理由をもう一度考えて見ましょう

d1f7b72244ac11a859d6c3eeaf6a98e1_s 今の職場に嫌気がさして転職を考え出すと他の企業がどんどんうらやましくなってしまいます。
その他の企業が全て良く見えてしまっている状態のとき、仕事運などの運気がかなり下がっている状態なのでそのまますぐに転職してしまうと失敗する可能性が高いのです。
まずは落ち着いてじっくりと「自分が今の仕事をやめたいと思った理由」を箇条書きにしてみましょう。
「○○さんが怖いから」といったなるべく具体的な理由を書き出してみると、自分が本当に転職が必要なのか、もう少し我慢ができるのかが明確になってきますよ。

次に今の仕事を「辞めたくない」理由を書き出して見ましょう

  51d7a4862422c8fbb7ec419a22b2b4ee_s まずは仕事を辞めたい理由を箇条書きにすると前述しましたが、今度はそれと同じ紙に今の仕事を「辞めたくない」理由を書き出して見ましょう。
「辞めたくない理由」が無ければ転職に迷ったりしないはずなので、かならずどこか尾を引いている部分があるはずです。
辞めたい理由と辞めたくない理由が紙に箇条書きで書かれた状態だと本当に転職したいのかどうかを天秤にかけることが出来ます。

今の会社に入社したときの事を思い出しましょう。

  1905eb1b45ef85dd3fca835d2be77d51_s 今は会社を辞めたいと思っていても、入社したときは希望とやる気に満ち溢れていたはずです。
自分は入社面接でどのようなことを話したのか、入社したばかりのときは同期のライバルに負けたくないとがんばったりアピールをしたりとポジティブな思いが大半を占めていたかと思います。
仕事をしてしばらくすると忘れてしまう思いをもう一度思い返してから自分には本当に転職が必要かどうかを確かめるようにしたいですね。

数年先の自分を想像してみる

  c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_s 入社したての初々しい気持ちを思い出したら次はこの先、数年先の自分を想像してみましょう。
おそらく転職している自分と、今の会社をそのまま続けている自分が想像できるかと思います。
自分は5年先10年先にそれぞれの職場でどうなっているのかももちろん大事なのですが、自分のプライベートなども合わせて想像するようにすると現実的に将来の事を考えて転職すべきかどうかの決断がしやすくなりますよ。

■関連ツイート■

 

終わりに

  いやな事があって感情的に転職して成功したという例をほとんど聞いたことがありません。転職をしようかどうしようかはじっくり悩んだほうが良い結果につながりやすいですよ。

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い