【仕事運】また憂鬱な月曜日が始まる、仕事運を急落させる「ブルーマンデー」に打ち勝つ方法とは




休み明けの夕方辺りから翌日の事を考えだんだんと憂鬱になっていく「ブルーマンデー」。
これは皆さん経験があることではないでしょうか。
最近では日曜日の夕方になぞらえて「サザエさん症候群」なんて言い方をされるぐらい浸透しているこの「ブルーマンデー」。
どうにかして少しでも気持ちを楽にさせたいのですが、特に対策もしなく毎週憂鬱な休日を過ごしてしまっている人も多いのが現状です。
今回はそんな毎週仕事始めの事を考え憂鬱になってしまい休みをスッキリ過ごせない人のために「ブルーマンデー」を軽減させる方法を伝授します。
カレンダー通りの休みではない人も休みの最後の方はこの症状に悩まされているはずです。一度参考にしてみてください。

「ブルーマンデー」による負のスパイラル

56b634f76481f2ba1c243e7fe00dc268_s 休み明け、月曜日が憂鬱だと悩むだけで対策をとらないとどんどん負のスパイラルにおちいってしまいます。
休みが明けるのが嫌だから休日はゴロゴロし過ぎたり、それによって休日最後の睡眠時間が短くなったりしてしまうと体内時計が狂い、平日の仕事に影響を与えてしまいます。
また、休み明けが近づくにつれてイライラしてきたり、夕食をおいしく食べられなかったりと休日の貴重な時間がもったいなくなってしまいます。

週明け最初になるべく用事をつくらないこと

29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s 月曜日は定例会議があったり、貯まった仕事やメールを片付けたりと日常業務がとても大変な日です。
そのため人に会う約束や他社へ来訪する約束などはなるべく月曜日を避けるようにしておきましょう。
月曜日の作業が大変な中、大切な会合を入れてしまうと対応も悪くなり実力が発揮できないことが多いのです。
日時が決められる約束はなるべく月曜日を避けると良いでしょう。

週の半ばに毎週楽しみを作る事

  e0aca50d001a4e1ba536312ce2aa8378_s 週の半ば、カレンダー通りの休みの人なら水曜日の仕事後になにか自分の楽しみを見つけることをお勧めします。
できれば一人でゆっくりと楽しめるものが仕事や人付き合いを一瞬でも悪れるために効果的で、一人で伺う行きつけの居酒屋さんやカフェを作ったりするのも良いですね。
週の半ばに楽しみがあるということが頭にあると、それだけでマンデーブルーの憂鬱感から少し解放されますよ。

月曜日を乗り切った自分に小さなご褒美を

  d5264369d92cd8f1ae5fc580fab1f674_s ほとんどの人が休み明けの月曜日が週の中でも一番辛い日だと思います。
中には業務内容によってほかの曜日が一番つらいと言う人もいるかと思いますが、そんな一番辛い日を乗り切ったときだけの小さなご褒美を用意しておくと精神的に少し楽になりますよ。
例えば「いつもより少し高いお酒を家で飲む」、「通販で購入したものの到着日を一番辛い曜日の夜に設定する」と言ったような小さな喜びを毎週設ければ、憂鬱感が少し和らいでくれます。

■他関連ツイート■

 

終わりに

  休み明けは誰しもが憂鬱だ、辛いと思ってしまいますよね。そんな辛い日にはどんな小さなことでもいいのでその日限定のご褒美を与えることをお勧めします。

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い