愛犬が家族に幸運を運ぶかも?運気を上げる正しいワンちゃんの飼い方




賢く愛らしく、ペットとしても人気な犬。

昔から犬は縁起の良い動物とされ、例えば「犬張子」の置物は縁起物の代表格です。

ペットとして飼っても家族に幸運を運ぶとされますが、飼う際には数点のポイントがあります。

犬に関する縁起と、運気をあげる正しい犬の飼い方をご紹介します。

子宝の象徴・安産・子供の強い味方の「犬」

07111622_51de5d31543e9

犬は家族を大切にし、一度に5匹以上の子宝に恵まれます。そのため安産・子宝の象徴、そして子供のお守りとして昔から扱われてきました。

初宮参りの祝いや安産祈願として登場する「犬張子」は愛らしく、とても有名ですよね。

ペットとしてワンちゃんは運気を上げる強い味方!

painting-1116689_1280

風水で犬は「地位を上げるお守り」と考えられています。

ペットとしてお家で飼っている方には嬉しい知らせですよね。

動き回る事に+して「ワンワン!」という元気な声には、家庭内の気を活性化させるパワーがあるのだとか。

ワンちゃんの開運パワーを最大限にするには何点かポイントがあります。

事項に見ていきましょう。

運気を下げているかも?気を付けたいワンちゃんの飼い方

8a6a18d0d24c1e8e1e5601338da08820_s

風水では「掃除を徹底し、常にキレイに保つこと!」が基本です。汚れた環境は運気を下げてしまいます。動物の匂いや排泄物など、常にワンちゃんのケアに気を付け凶作用を排除して行きましょう。

動物は人間以上に気に敏感と言われています。ワンちゃんがリラックスできる空間は「良い運気の流れ込む空間」。

例えば、不思議とワンちゃんが好む場所はありませんか?

ペットが好んで居座る場所は、家のパワースポットと言われます。良い運気が逃げないように清潔を心掛けていきたいですね。

その他、注意したい点

0943b740f1f63878e47238cc5b6c717c_s

WELCOMEのプレートを下げた犬の置物はとても可愛らしいですよね。

しかし、風水の観点ではあまりお勧めできないとされています。

玄関は「運気の入り口」とされ、動き回る犬は「運気を払ってしまい運気が定着しない」と考えられているのです。部屋や玄関の入り口には極力「動くもの」を連想させるアイテムは置かない様に気を付けてみましょう。

関連ツイート

まとめ

いかがでしたでしょうか。

昔から安産・子宝の象徴とされる縁起の良い犬ですが、ペットとして飼う場合には「常に清潔を心掛ける」という点に注意してみましょう。

愛らしいワンちゃんの力を借りて、是非とも家族の運気を上げて行きたいですね。

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い