癒やし

鬱の人がやってはいけない3つの開運法


気分が落ち込み、鬱々としている。最近いいことがない。そんな時に試してみたくなる開運法。でも、その開運法が鬱々とした気分をより増やすということがあるとご存じですか?

そこで、鬱の人がやってはいけない開運法を3つ紹介します。どれも効果があると思って安易に行ってしまうものばかり。でも、業界では問題視されている内容なので、調子の悪い時には絶対にしないように心がけてくださいね。

鬱の人が絶対にしてはいけないアロマテラピー◆サンダルウッド◆

kp09

気分が落ちている時に心安らぐ香りを嗅いで癒されたい。そう思う人は多いのではないでしょうか。アロマテラピーは癒し効果や抗うつ効果が高いセラピーと人気ですよね。アロマテラピーは、心身の深い部分で精神状態に影響を及ぼします。でも、だからこそ症状によっては使ってはいけない精油があるのをご存じでしょうか。

鬱の人が絶対に使ってはいけない精油はサンダルウッド。白檀として昔から瞑想に使われていて、お香でも人気の高い香りです。でも、白檀の香りは、心を落ち着かせると同時に深く沈ませる効果を持っています。なので、鬱状態の時には不向き。鬱の時に使うと余計に鬱々とした気分になるのでアロマテラピーの世界では禁止されています。

鬱の人が絶対にしてはいけないセルフヒーリング◆ヒーリングミュージック◆

kp10

気分が落ちている時だからこそ、素敵な音楽に癒されたい。そういう気持ちも分かります。でも、鬱状態の人がヒーリングミュージックを聴くと、より心が落ち込み沈んでいくことがあります。特に瞑想系の音楽や自身の内側を深く見つめるような音楽は不向き。川のせせらぎや鳥のさえずりなど癒される系のヒーリングミュージックは大丈夫ですが、自己啓発系・能力開発系のヒーリングミュージックはあまりおすすめしません。

鬱の時はエネルギーを動かすことが大切になりますから、できるだけアップテンポの曲や明るい印象の曲を聴くのがよいですよ。

鬱の人が持ってはいけないパワーストーン◆ハイパワーストーン◆

kp11

パワーストーンの中には、一般的なパワーストーンよりも遙かにパワーが強い「ハイパワーストーン」と呼ばれる石があります。例えば、スーパーセブン、エレスチャル、アゼツライト、ダンビュライト、ペタライトなど。こういった石の多くは高い透明度と強いエネルギーを持ち、持ち主の心身の状態を強力に変革させます。でも、鬱の人にはこの強力な変革が逆効果となる時が。特に症状が安定していない重度の鬱を煩っている人の場合は、ハイパワーストーンは避け、鬱によいと言われる穏やかな石を選ぶほうがよいでしょう。

関連ツイート

まとめ

鬱の人が絶対にやってはいけない開運法として、3つのことを紹介しました。

鬱の人に大切なのは、穏やかに気持ちを上げていくことです。気持ちが沈むことや急激な変化につながることは求めないようにしましょう。


気になることは、本物の占い師に電話で気軽に相談できる「ラフィネ」はいかがでしょうか。

【電話占い・霊感占いラフィネ】厳しい採用基準をクリアした本物の占い師が多数在籍!初回最大10分無料キャンペーン実施中!


あなたにオススメの記事
関連記事