意外と知らない?金運アップの縁起物




風水の縁起物といえば何を思い浮かべますか?最近ではパワーストーンやミサンガなど、オシャレ感覚で身につけられる物も増えています。

昔ながらの縁起物としては、だるまや招き猫などがありますよね。

そこで、知っているようで知らなかった金運アップの日本の縁起物について紹介します。

招き猫

a0002_009418

日本の縁起物として一番有名なのが招き猫。

皆さんもご存知のとおり、招き猫は金運アップの縁起物として古くから知られています。

招き猫の効果として、商売繁盛や開運招福、千客萬来をもたらすと言われています。

招き猫は陶器のものから黄金でできたものなど、様々な種類があります。

ちなみに、右手は銭を招き、左手が人を招くそうですよ。

お店などで招き猫を見かけたら、どっちの手が上がっているかチェックしてみてくださいね。

だるま

a0790_001201

だるまといえば赤色のだるまを想像する方が多いはず。

実はだるまにはたくさんの種類があるってご存知でしたか?

一般的によく目にするだるまはほとんどが赤色だと思います。赤色は「火」を表現しており、火が上へ昇っていくため運勢を上昇させるという意味を持っているそうです。

赤色以外にも、青色や黄色、ピンクなどの色があるのですが、もちろんそれぞれの色に意味があります。

例えば青色のだるまは冷静さの象徴とされており、仕事や学問などの運勢が上がるとのこと。

ピンクのだるまは恋愛を表しており、恋愛運アップの効果が期待できるそうです。

たぬき

e0018945_1742196

飲食店などの入口にはよく、たぬきの置物がありますよね。実はあのたぬきも縁起物として昔から伝わっているものなんです。

何故たぬきが縁起物なのかと言うと、「他抜き」の語呂合わせで「他の人より抜き出ている」といった意味が込められているからだそうです。

特に入口(玄関)は運を呼び寄せる場所なので、飲食店などでも入口にたぬきを置いているところが多いそう。

もちろん飲食店だけではなく自宅の玄関にたぬきを置くことで運勢アップが期待できます。

ふくろう

a0780_000078

意外と知られていないのがこのふくろう。

ふくろうは夜でも目が見えることから、「見通しがよいもの」と言われているほか、苦労を知らないという意味の「不苦労」の語呂合わせからきています。

ふくろうも招き猫同様、金運を上げてくれる効果があるので注目してみてください。

縁起物を取り入れている人たち

最後に

今回は王道の縁起物を紹介しましたが、これ以外にも日本の縁起物はたくさんあります。

金運アップや商売繁盛、恋愛運アップなどそれぞれの目的に合わせて皆さんも縁起物を取り入れてみてくださいね。

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い