色は似ていても内に秘めたパワーが異なる薄緑色のパワーストーン




薄いグリーンは、見ている人をまるで森林にいるような気分にしてくれます。特にセラフィナイトは持ち主の疲れた心を優しく癒してくれます。また、精神的にも経済的にも持ち主を豊かにするよう働きかけてくれるバリサイト、マイナスのエネルギーを打ち払ってくれる力強いツァボライトなど、グリーンのパワーストーンは様々な力を秘めています。

豊かさの象徴として知られるバリサイト

バリサイト
バリサイト(英語表記:Variscite)は、日本語でバリシア石と呼ばれている石で、19世紀に発見されたパワーストーンです。発見された場所はドイツのバリスシアと呼ばれていた地方で、日本語名も英語表記もこの発見場所にちなんで付けられました。ドイツの他に、アメリカ、オーストラリア、オーストリアなどで産出します。
バリサイトは、豊かさの象徴として知られており、持ち主を精神的にも経済的にも豊かにしてくれると言われています。バリサイトは、持ち主の心を豊かにして、感受性を高め、表現力を豊かにしてくれます。周りの人とも豊かな表現力で交流することができるため、協力関係を築き、信頼を集めやすくなります。その結果、周囲の助けを得られ、夢をかなえたり目標を達成しやすくなると言われています。

負のエネルギーを打ち払い前向きな力を高めてくれるツァボライト

ツァボライト
ツァボライト(英語表記:Tsuavorite)は、別名グリーンガーネットと呼ばれるガーネットグループの一種で、日本語名で灰ばん柘榴石と言います。ツァボライトという名前は、この石が発見されたケニアの広大な国立公園の名前に由来しています。発見地であるケニアの他に、カナダ、ジンバブエ、タンザニアなどが主な産地として知られています。ツァボライトの鮮やかなグリーンは、含有物であるクロムとヴァナジウムによるものです。
ツァボライトには、負のエネルギーや邪気を打ち払い、持ち主の心身のバランスを整え、生命力を高めてくれる働きがあります。あまり良くない状況にある場合や情緒が不安定な場合、後ろ向きな思考にとらわれやすい人におすすめのパワーストーンです。

持ち主を優しく包み込んでくれるデリケートなセラフィナイト

セラフィナイト
セラフィナイト(英語表記:Seraphinite)は、天使の羽のような縞模様にちなんで付けられた名前ですが、鉱物学上の正式名称は、クリノクロア(Clinochlore)と言います。クリノクロアはクローライトグループの一種で、日本語では斜緑泥石と呼ばれています。セラフィナイトはロシアのバイカル湖周辺で産出するものが最も有名ですが、他に、アメリカやメキシコでも産出します。セラフィナイトは、癒しの力がとても強く、持ち主を優しく包み込むようにして感情を鎮めてくれます。セラフィナイトを身につけていると、ストレスは和らぎ、硬直した思考も柔軟になります。情緒不安定な状態から安定した精神状態へと導いてくれるので、リラックスしたい人や癒されたい人におすすめです。ただし、非常にデリケートな石なので、周囲に力の強い石があるとその影響を受けてしまいます。このため、セラフィナイトを身につけたり部屋に置く時には、あまり力の強い石は側に置かないように注意する必要があります。

まとめ

いかがでしたか?周囲の邪気を打ち払ってくれる力強いものから、周りの強い力の影響を受けてしまう程繊細なものまで、薄いグリーンのパワーストーンは、その特徴がまちまちです。同系色の石であっても、複数のパワーストーンを身につける場合には、お互いに影響し合わないか注意する必要があります。特にセラフィナイトを入手した時には、他の石は周囲に置かず、様子をみてみた方が良いでしょう。

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い