出会い運、恋愛運は連動しています。まずは行動あるのみ!




恋愛運をあげる為にはまずは人と出会わなければなりません。
しかしそのスタート地点にすら立っていなければ恋愛をする事は難しいと言えます。

出会い運、恋愛運は常に連動しているのです。

チャンスは傍観者ではなく、参加者に訪れる

153_effected-001

初めてダンスパーティーに誘われた人には2通りあります。

①参加者
②傍観者

どちらもダンスに興味があるのです。
「ダンスパーティがあるから来ませんか」「ダンスをやりたくないですか」と声を掛けると、「行きたい、行きたい」「やりたい、やりたい」と言います。

でも、いざパーティーに出席すると、参加者と傍観者に分かれるのです。
これは恋愛にも当てはまります。

「良い人紹介して」と言いながら、良い人を紹介する場に傍観者で来るのです。

「私は見に来ただけで、買い物のウインドーショッピング、ジャストルッキングです」
という姿勢です。

傍観者でいる事は、決してガードされているわけではなく、かなり恥ずかしい状態に置かれています。
しかもチャンスを失います。

そこだけテンションが低く感じられるのです。

傍観者にはチャンスは無いのです。

参加者にはチャンスが生まれても、傍観者には、どこまで言っても人間的な魅力を感じられないのです。

最近「いいな」と思うものがない人は、異性の魅力にも気付かない

o0400026701309-400x267
「好きな人になかなか巡り合えないんです」と言う人には特徴があります。
男性だけでなく、最近「いいな」と思える物にも興味にも出会ってないのです。

最近「いいな」と思ったものを挙げられないのです。
異性運、恋愛運、出会い運に恵まれていないのではありません。

「いいな感覚」がなくなっているのです。

最近、あの映画はよかった、音楽が良かった、本が良かった、あそこに行ったら感動した、あの人はオシャレだった、と言う事が何もない人は、いいなと思える人に出会っても、相手の魅力に気付けません。

ふだんいろいろなことに「いいな」と感じられる人は、相手の魅力にもきづけるのです。

「最近面白い映画が一つもない」と言う人は実は映画を見ていません。
「最近の映画は面白くない」という思い込みが強いのです。
手当たり次第でなくても、コンスタントに映画を見ている人は、「この間〇〇を見たら面白かった」と言います。

「見ていない」とは言わずに、「自分としては見ているつもりだけど面白い映画がない」と言い切っているのです。
「私の周りには素敵だと思える人が一人もいない」そういうセリフはNGワードです。

言葉として発することで、いいなと思う人を感じ取る「いいな感覚」を切り捨てているのです。

ネットでの意見

まとめ

・傍観するのではなく参加しよう。
・いいなと思うセンスを磨こう。

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い