【仕事運・対人運】話し上手になりたい人必見!人に伝わる分かりやすい話し方とは




仕事で上司などから「結局何が言いたいの?」とか「話が伝わらないよ」なんてショックなことを言われたことはありませんか?
これらの一言、もし言われたらかなり頭に残って悩んでしまい、人と話すのが怖くなってしまいますよね。
「自分の話し方は人に伝わらないのか」、「自分は話し下手なのか」と自分を追い詰めてしまってはどんどん仕事運が低下して、自信も失ってしまいます。
今回は話し上手になるために人に伝わりやすい話し方について徹底解明します。
上司に話すだけではなく友達や知り合いとの会話、大事なプレゼンなどにも役に立ちますので、自分の話し方をもっと向上させたいと思っている人は必見ですよ。

話し方の下手な人に共通していることとは

9b6a8af3821bbd39008ee01504162a42_s 話の下手な人で最も言われているのが「話が長くなりすぎてしまう」ということです。
話が長くなればなるほど最も伝えたいことが埋もれていってしまいます。
自分の感覚だけを頼りにして話してしまうと長くなったり相手に伝わりにくい話になってしまいます。
相手の立場になって全く話の内容を知らない人に一番理解させたい言葉を理わかってもらうにはどのように話すのが最善かを考えるようにしましょう。

結論を最初に話すことの重要性

  fa1f43f50533d3abf603b7c142ec5f6e_s 仕事で上司などに伝達をするときにちゃんと伝えるためには「結論を最初に話すこと」がとても大事です。
一番重要なのはその話す内容を自分は理解しているが相手は理解していないということです。
まったく理解していない人に自分が考えていることを伝えるためには、一番頭に入って来やすい「話の一番最初」に結論や一番大事なことを持ってくると相手に伝わりやすくなりますよ。

相手を思いやれない「専門用語の連発」

  48140f7a06d83b71fa117a4a6644887f_s 会社で会議やプレゼンなど緊張して話さなければいけないときに、緊張を少しでも和らげるためや時間稼ぎのため、または出来る自分をアピールするために専門用語を連発してしまう人がいます。
専門用語をたくさん使う人は大げさに言えば「万人に理解されようとする気が無い人」だと言えます。
話すときに人に理解してもらおうと相手の立場に立った話が出来る人が本当の話し上手なのです。
専門用語はその場にいる人の状況を考えて使いたいですね。

理論的な話をする方法「PREP法」はご存知でしょうか

  29898c1b293e574b972e09b2f2ceb634_s 相手に話を的確に伝える方法として「PREP法」(プレップ法)というものがあるのをご存知でしょうか?
Point(ポイント・結論)、Reason(理由)、Example(具体例)、Point(もう一度結論を繰り返す)という流れで話すと相手に伝わりやすいという話の流れの頭文字を取ったものになります。
やはり相手に内容を理解させるには結論から最初に話し、その後に理由や例えといった内容を話し、最後に念押しする意味でもう一度結論を話すのが良いようですね。

■関連ツイート■

 

終わりに

  話が伝わりにくい人は自分の感覚ばかりで話してしまい、まだ話の内容を知らない相手に分かりにくい話ばかりしてしまうようです。「まだ全く理解していない人に伝えるにはどうすればいいか」を考えるようにしたいですね。

関連記事

開運ちゃんねる人気記事

人気記事をもっと見る

あなたにお勧めの開運・夢占い